人気ブログランキング |
<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
飲んだくれ
1週間が早い早い。昼ちょっと仕事して、夜飲んで、家帰ってバタンと寝て、アサ出かけて、という飲んだくれ毎日。水曜日だっけなあ、まきこの酒というブログで教わった、家近くの、仲志満という立派な和食屋。サケ2合に、こち。サンマの押し寿司がとんでもなくうまい。サケは、冽とかいう清冽な川を思い出させるサケ。WTやまとかいう、ごりっぱな和食屋で修行してきた30くらいの若い方がうで振るう。WTより、断然この店いいと勝手にジャッジする。なぜなら、大森だし、安いし、それでいて、うまい。若いにいちゃん、素直だし。
昨日の金曜は、大井町東小路の定食飲み屋にて、サケコップ1杯に、銀鱈煮つけ、冷奴。最近よく行く、イタリアンバールな立ち飲みやにて、ボサノバ聞きながら、ろれつの回らない隣のおやじと、まいべりべりバラバラってモンキーズだっけ?とかいう、我ながらアルツな会話楽しみながら、ハーパー3杯。b0067590_0322176.jpg大森に移って、ロックバーにて、ジムビーム2杯。今日はキャロルの日。内田利勝ってキャロルでもいいギター弾いてたなあと発見。オレは最近の内田のブルースは良いと思っとりましたが。
あと月曜あたり、新橋の魚金のちゃんと座る店に後輩3人連れて行って、さかながうまくて安くてよかったけど、ちとサケが高かったなあとか。
by somuchfor | 2006-07-29 23:19 | Comments(0)
バジュワジュ
b0067590_2323515.jpg昨日の土曜日は、バジュワジュのライブ。吉祥寺に行って、毎度ハモニカ横丁で、腹ごしらえ。みんみんとかいう中華で、チャーハンと餃子とビール。うまかった。予定の8時ころに会場に行ってみるとまだ後40分位とか言うので、近く散策中時間つぶしに、ストリングスっちゅう店で、ピアノ秋田真二トリオ(原田真二じゃないよ)でドラム安藤正則のジャズを、おねえさま達、カップル達にただ一人、ジムビームで鑑賞す。なかなか、ちゃんとジャズなんだ、この二人。ベースはようわからん。b0067590_23263399.jpg
で45分くらいに、銀色象さんに行ってみたら、もう始まっていてあせる。腹の出たブルジョアジーが聞いていいのだろうかと思う、すこしひりひりしたオト。それを、ハーパーダブルでだましだまし、拝聴す。しょぼいパンキーフロアで、若いにいちゃんねーちゃんがフォークダンスのように踊る。大丈夫?酸欠になっちゃうよ。たった30人だけに聞かせるのもったいないよな、とか、江戸あけみに1曲ボーカルさせてあげたらどうか、とか(大きなお世話)くだらんこと考えてる間に、美しい footprints のアンサンブルが一瞬あって、ちょいカンドー。40分?45分?が短すぎた。もっともっと聞きたい。一晩中聞きたい、サケ飲みながら、ラリラリになりながら聞きながらアサ迎えたいオトだ。でも終わり。バリトンTちゃんにばいばいして。

えと、それからハモニカに戻って、もう1杯飲んだ。若いにいちゃんねえちゃんがちゃんと料理作ってる、おふくろ屋台の店とかいうの。開運を1杯。しょうがとたっぷりの鰹節のったなす焼きがうまし。

写真はホームページ、ぱくっちゃった。vajuwaju ごめん。
by somuchfor | 2006-07-23 22:49 | jazzbluesrockreggae | Comments(4)
ブログピープル
今日も今日とて、大井町から地獄谷。イタリアンバールにて、ハートランド、フォアローゼズ3杯に、Gでハーパー2杯、地獄谷でラフロイグ1杯。すこし酔っ払い。

で、6月28日は、ブログピープルの飲みだった。panchanさんこのヒトとかこのヒトと飲むというお誘いにジョインする。まずは、東京駅北口の吟醸バーで待ち合わせ。李白、田酒、加賀鳶なぞをもらう。つまみもままかり、とかバクライとかあって楽しい。酒飲みにぴったり。とかいううちに、panチャンちゃんじゃなかった、panchan氏とサッカーバナシ。このひと72年の西ドイツ大会あたりからのW杯ファンで恐るべし、78年アルゼンチンW杯からファンの私の先輩なのだ、という話しているうちに、vividnightsおねーさま&その後輩が登場されて、美女2人にクラクラしてサケが級数的に効く。みな揃ったところで、婦女子さまの宣託に従い、魚のうまいとこ、ということで人形町のパンちゃん御用達の店へ。このひとはミセよく知っとるなあ。ここの魚は、文句なしにうまかった。一見、ちゃらちゃらしたオンナどもに媚びた店かなあー、と一瞬思うのだけれども(すみません、いつもこぎたない店しか知らないので、おじさんはおされなこじゃれた店にコンプレックスを持っておるのです)、たこ、いか、こちがすごく新鮮でうまい。板わさの下にしいてあった、梅色の海草がこれまたうまい。この肴にひとり飲む八海山、だったよな、がうまくて満足。皆は、芋の「明るい農村」と「玉露」。この二つオススメだ。明るい農村て、なんかNHK日曜朝の6時半て感じだが、鹿児島に2年ほど前行ったとき、スナックぽい飲み屋のおばちゃんにすすめられてうまかったの思い出す。ほんとすっきりさばさばした姐御肌の芋。よく行く新宿のジャズバーで教わったこっちの玉露の味はお嬢系でしょうか。とここで、わたくしめがvividさんに問題発言したらしい。なぜ、我々はブログを書くのか?という哲学的、文化人類学的、人生の深奥を探るがごときサルの浅知恵かもしれない、もののあわれな問いである。人類皆ブログピープル、笹川良一とは席を同じゅうしたくないが、皆、わが全一的一個人ではあるが、しかしなお、その中に偏ったグロテスクな片々ここかしこに抱え、その偏りこそあからさまにして、そこでコミュニケーションしたいという表現欲がブログだ、というのが私のみたて。そんなグロテスクな例えばサケの日々を、酒とつまみ的クールなばかばかしさに包み、エロ事師ずぶやん的昭和闇市文体でコーティングし、団鬼六の虚しき抽象に賭ける人間の哀愁の美しさを表現しつつ、阿佐田哲也と色川武大のギャンブル冒険譚にまとめあげて毎日エントリーするっちゅうのが私のモクヒョーなんだが、言うは易く行なうはとっても難し。そういう我が悩みを抱えての、先のなぜ書くのという問いであったこと、理解めされてください。最後にようやっと、毎日酒飲みさま、真打登場。酔っ払ったこの宴会になんなく溶け込み、早々に会話のしゅどーけん握る、drinking.exblog.jp わーるど。ありがとうございました。
by somuchfor | 2006-07-19 00:37 | Comments(4)
よしなし話
この2週間、なかなかにくそ、ファッキン忙しくて、忙しいとココロが固くなるからか、許せない事実を許せないと明確に言い切ってしまうことになり、残念。許せない事実って何かって? それはおれが主役と認められたいその世界で、主役でないことだ。その世界は、オレが主役であるべき世界なのに。でも土曜日で忙しいのも終って、夜、ゆっくりと、ファラオとやってるウイリアム・ヘンダーソンを聞いてると、ピアノが何故かココロに沁みる。何回も聞いてるのに不思議だ。ジムビーム、1杯飲んだからか。

で、すっごい昔になるが、6月27日月曜は、大井町イタリアンバール的立ち飲みでハーパーとフォアローゼズ飲んだ後、Gという店に。寿司屋の職人やめた40のにいちゃん的おいちゃんの店。ジャックダニエルズ3杯。低いカウンターに低い折りたたみ椅子。チャックベリーがかかってる。若い男の子が入ってきて、ロナウジーニョと呼ばれるんだって。トッポジージョみたいなところが似てるかな。でも、オトーチャンて言われてがくり。そこで大井町にまたできた、シュープリームズみたいな女の子達がやってるソウルトレインな店に行く。ゆったりした店で、かかってるのがグラディスナイト。ターキー飲みながらシアワセになってすこし寝てたら12時半。おとなしく家に帰る。そのシュープリームス的女の子バンドはシークレッツっていって、7月15日に代々木ブーガルーにてライブだから行かなくちゃ、って今日じゃないかよ、どーしてくれんだ、行きたかったのに。
by somuchfor | 2006-07-15 22:36 | Comments(2)
ロック・フジヤマ
ロック・フジヤマ、おもしれーなあ。鼻歌でジュダス・プリースト歌うとか、カラオケでACDC歌うとか。ローリー・寺西くん好きだ。イチロー似だが。テレビ東京、月曜深夜25時。こういうのもある。そこから、ロック酒場。グランドファーザーズしか知らんな。

で、現在にキャッチアップするため、6月22日木曜日、新宿、ギョロ目オヤジとこ。ブラジル戦に備えておやじと話したく、冷やした久保田1杯、影虎は常温で2杯。竹の子やらじゃがいもやら煮たのとタラコとしらたきをあえたもの。うまかったです。日本厳しいねえ、というハナシだったが、韓国頑張ってるけど、ここも厳しいリーグだねえとおやじ。韓国スイス戦、スイスも強い、韓国は上にいけるかな、厳しいよ、というハナシだった。あとから考えると見事予言的中。このリーグからなんとか這い上がったフランスが、今やブラジル破り、優勝かもとは、なかなかわからんもんだ。化けるチームは強い。
23日はもう書いたが、大井町のいつものスタンディングバーで、おやじとため息合戦、ハートランドとモルト。
26日月は、渋谷飲んべい横町のパープルな店。だっさいを3杯。コピーライターおやじがすこし疲れた顔で。息子の小学校のサッカーチームの監督を引き受けてしまうはめになったのだが、わがままかあさん達と闘ってて、大変らしい。
by somuchfor | 2006-07-04 01:48 | Comments(0)
今に追いつかない
もう7月だ。が、サケ日誌的には、6月16日が終わったところ。現在に追いつきません。ワールドカップはまだ1次リーグ。谷川9段は名人に復帰できず敗れ去ったが、日本代表はまだがんばれの時代だったのだ。なつかしきかな。サケ備忘録。

で、19日月曜は虎ノ門で、5月に今の会社去ったヒトを改めて送別。今の会社はいろんなとこからの寄せ集めで、このヒトは出身の航空会社に戻った。大会社だが、財務的には、大変大変キビシソーで大変だな。ひとのこと言っちゃおれない唇寒い、ワタクシとこ(某電機)もだが。この日は、他に、某商社、某京都の電機、証券で全部で5人。30後半から50半ばまで。京都は唯一オンナ。村上ファンドの功罪をディベートして、サケを3合ほど。村上の人となりへの感情的生理的好悪は全然別にして、日本の馴れ合い的株式持合いずるずるべったり株式会社達を、経営の論理とはまったく違う資本の論理によって、活!とやった村上は、評価してもしすぎることはない、というのが、オレとオレの同世代証券の意見。50代の商社と航空会社は、村上イケスカネーな、という直感評価。この全共闘団塊の世代っちゅうのは、ほんとに合理的に、もの考えないからなー、俺達の敵だよと言うと、大M商社のおやじは、合理的かどうかなんて関係ない関係ない、いいと思ったら、やって、好きなやつとつきあって(シゴトのはなしです)、嫌いなやつとは仕事しない、村上だって、誰だって、みんな結局そうやってシゴトしてんだよ。で、それで、おれは会社作ったけど、利益でなくて、つぶしちまったけどね、ハハハ、と。このオヤジ、敵だけど許せるやつです。ソルボンヌなんて出てるんだけど。
20日火曜は、大井町のワンコイン500円玉ちょっとスノビッシュ・スタンディング・バーへ。渋いボサノバがいい。ハーパー3杯。おやじとクロアチア戦を総括。ポルトガルを評価。60くらいのスーツパリッの紳士とおしゃべり好きなおねえさまと大井町近辺の飲み屋ですこし盛り上がって、スーツ紳士がおねえさまにおごるという。すると、おねーさま、おれにもおごってもらえと言ってきた。ちょっと断ると、せっかくなのにおごってもらえと、しつこくとうるさい。そもそもいつも言っておりますが、オレは飲み屋のバとは、長幼の序だか、年功序列だかは一応最低限お守りしますが、基本は、皆平等、ヒトに縛られることも縛ることも無い、フリースペースだと思っている。おごるのもおごらえるのも嫌だ。ダンダンあったまに来たので、強くヤダヨ!といったが、すぐ河岸変えるのもなんなので、もう1杯頼んで、クリスチャン・ロナウドってのが、イケメンよと彼女に教えてあげた。

22日は、ブラジル戦を前に、ギョロ目おやじと話ししたくなり、新宿へ。(またまた続く、か)
by somuchfor | 2006-07-01 10:16 | Comments(0)