<   2005年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
1週間を京芋で締め
23日(日)は、地獄谷のねーちゃんとこのもうひとりのジャズボーカリストのはっぴょーかいライブ。西麻布近くのウッディーベルとかいうちっちゃなバー。3時ころに20人くらい集まる。ヘレン・メリルかカサンドラ・ウイルソンかというのは、チトほめ過ぎ。でもバックがしっかりしてて楽しめた。ボーカル彼女が習ってる学校の校長センセイじいさんのピアノがファンキーでいい。ビールと赤ワイン飲む。2次会は近くの権八とかいう飲み屋へ。ブッシュが来たとかいうところ。高級ワタミかわらわらか。どうせならさくら水産がいいのだが。みんなピッチャーにビールなんか頼むが、おさけももらう。なんかしらん酒だったが、一応飲めるしろものだった。日本酒2合。3次会に突入するがまだ6時半。すこーしおしゃれな居酒屋で、さらに日本酒2合。八海山。9時過ぎお開き。

24日(月) 地獄谷に。昨日のライブの話。ハーパー2杯。

25日(火) えらいさんと、外人5人と夕食会。71のじいさまのえらいさん、もうもちろん経営実務からは離れて相談役となっておるのだが、まだまだで元気で、中国専門家の外人に、おまえらもっと中国を自分の足で歩いて勉強せい、と説教。しかしそりゃ、ちとかみ合わん気がするが。えらいさんが飲みなおうそうというので、ホテルのバーで水割り2杯。10時ころ、黒塗りに乗せて別れるとき、急に握手してきて、おまえぇ、負けるなよぉ、と気合入れられる。まあ、なんか言ってくれるのは嬉しいことだが、このじいさんもサケ弱くなった。
家の近くの2階のショットバーでラフロイグ、グランダッドを1杯ずつ。

26日(水) 今週は外人1週間で、外人たちと、ワシントンDC帰りの日本のシンタンク研究員とで中華。この有楽町からすぐのホテルの中華、最近?香港からシェフをヘッドハンティングしてきたとかで、うまし。高くて接待でしかこれんが。途中から外人同士、ブッシュの悪口で異様に盛り上がり、だんだん、話についていけなくなる。帰りにまたまた地獄谷でハーパー2杯。

27日(木) 8時ころ、家の近くの2階のショットバーでラウロイグを1杯と、プレインなんとかというトウモロコシ100%だっけ、なんせモロコシくさい、アメリカ焼酎を2杯。うまかった。バーテンの兄ちゃんがこれ好きだって。

28日(金) 銀座の磯村とかいう串かつ屋で接待。ビール2杯のみ。でひとりで、大森をぶらぶらで、蔦八というもつ煮込み屋へ。サケ2杯。煮込みと京芋、京都では海老芋、をもらう。この店、平和島の競艇場でずっと屋台の煮込みをやってきたおやじが始めた煮込みでゆうめいな店。しかこの日は煮込みよりも、この京いもがうまかった。鳥のミンチのそぼろあんかけがのっかてて、京芋のむっちりしっかりした甘みのある肉質とよくあって美味美味。で、最後にスコッチバーへ。バルベニー、ラフロイグ、ledaigを1杯ずつストレートでいただきやした。隣にすわったスカシタねえちゃんが、スピルバーグってイケスカネエ奴だけど、なんとかっちゅう戦争の胸糞悪くなるよな映像をこれでもかこれでもかと、撮った映画は良かったよ、と推薦される。そうか、しかしシンドラーのリストみたいな大政翼賛会的ユダヤ弾圧一方的大反省的映画つくるような、生徒会長みたいな善人ずら映画監督は、面白いのでしょうか?と恐る恐るではなく、ポロっと突っ込んでみたら、あなた「わが闘争」読んでそんなこと言ってんの?とご機嫌斜めだった。25年ぶりに聞いた「わが闘争」。面白い本だったという記憶だが、そういうとマスマス事態は悪化しそうなので、帰ることにした。
[PR]
by somuchfor | 2005-10-29 11:19 | うまいモン | Comments(3)
電気屋
20日も新宿な飲んだくれ。インスタママからの留守電が携帯に入ってたのが、はじまり。「××です。NTTの親子電話の調子が悪いです。修理してください。以上。」 おれは電気屋かよ。と思いながらも、ちょっつくら新宿。最初はこの界隈で唯一、日本酒でうまい肴食べさせるギョロ目おやじの居酒屋。三千盛、常温なくて、さけの香地にする。これもうまいサケ。アテは厚揚げを焼いたのをもらう。分厚い厚揚げの中を切って、茗荷、鰹節、ねぎ、すこし醤油を入れてくれてじっくり焼いてる。隣のすこし大柄な落ち着いた美女は、昔ここらで店やってたとのこと。ギョロ目おやじと美女とで、老舗で、田中小実昌とか黒田セイタローとかが常連だった店、Yのママ、Kさんの話。あるときKさん結婚することになって、盛大の披露宴開いたが、来た客の10何人が元カレで、その中の元カレ代表が祝辞を述べたそうな。この後、細腕大正ロマンとこで、焼酎桜島2杯、インスタママとこで、オレがNTTの人間だと勘違いしてたことがわかるが、じゃあ修理しなくていいよと言われると、逆に修理してやるよと考えてしまう、天邪鬼なオレで、電話器もらって修理するハメに。で、ハーパー2杯。その後、自称不良少年のおやじとこでハーパー2杯。そこで12時から2時半まで不覚。あわてて起きて家帰る。
[PR]
by somuchfor | 2005-10-23 07:43 | ポン酒 | Comments(3)
青森の店
18日かようび、大井町、郵便局の裏あたりの青森料理の店に。外のとおりの田酒あり看板につられてふらふらと。田酒1杯で、赤すじなんたらという煮物を。食べてみると苦味の少ないフキみたいな緑のもので、食べるとすこしネバる。うまい。それに畑しめじを酢のものにしたやつをもらう。ここは青森のきのこ料理がうまい。ちなみにきのこ鍋は2100円。今度食お。サケもう1杯は、ねぶたというのを。さっぱりしてこれはこれ。最後にそばを。だしがしっかり利いた醤油を使わない暖かいそば。はらもふくれて、大森でショットバーに。池上通り側におりて、左前方2階の店。ラフロイグ2杯、グランダッド2杯。BGMなんかハードロックファンクでかっこいいなあと考えてたら、これはジェフベックだ。ジェフちゃんは食わず嫌いであまり聞いてないんだが、ちゃんと聞いてみよ。
[PR]
by somuchfor | 2005-10-22 18:55 | うまいモン | Comments(0)
蒲田めぐり
14日金曜。蒲田ですこしだけと思ったら、結局3軒もはしごしてしまった。蒲田も店いろいろ。今更ながら、飲み屋多いなあ、この町は。
最初がキョーレツだった。ふっるーい居酒屋の店構えで、とびらがかすかに開いてて、中でばあさんが酒飲んでるんで、つい面白そうだったので入ってみた。入った瞬間、店のママっちゅうかおかみさんは、ちょっとアレって言う顔で迷惑そう。中はじいさん2人、ばあさん一人で談笑中のおじゃま虫。しかし迷惑そうなくらいなら、ズンズン入る。出て行けって言われるなら出るけどさ。ばあさんが仕切ってるらしくて、若いのが来たわねえ、どうぞどうぞ、で、なんとかサケを飲むことを認められた模様。酒くださいというと、すぐにお燗をつけてくれる。お通しで出てきた、卵焼きとこんにゃくのピリ辛の煮物と枝豆がうまい。特に卵焼きが不思議に絶品。かすかに効くだしの味がたまらん。あったまったお燗がぬるくてシアワセ。おかみさんがぬるかった?と聞くので、これがちょうどいいですと、答える。中心人物のおばーさまは、昭和5年生まれの75歳。45は確かに子供だ。左奥にいるじいさんはばあさんと同じくらいか。オレの右のジイサンは60くらいで会社帰りのスーツ姿。最近のナスは皮が厚くてだめになったとか、小泉はいやだけど、杉村大蔵クンだっけ?はかわいいとか。なんか異空間でよかった。おちょーし2本飲んで、ふらふらとさらに2件。こことここ
[PR]
by somuchfor | 2005-10-16 15:30 | 飲み屋 | Comments(2)
渋谷
13日(木) 渋谷飲んべい横丁へ。いつもの店。吉乃川をもらう。くの字カウンターの7人もはいったら満杯の狭い飲み屋。端っこに常連の一人のAさん。デザインやのおやじ。新潟行ったら2升も飲まされて調子悪りぃよ、と泣きながらも、喜界島をちびちびやってる。お通しが出てきて、生牡蠣。牡蠣は今年はじめてで嬉しい。なんか食べたくなって、そばをもらう。ごぼうの天ぷらも揚げてくれる。ガスこんろのひとつの調子がおかしいとかで、自動的に2分くらいですぐ火が消え、いちいち点火しなおすのがすこしうっとうしい。一酸化炭素中毒にならないかちょっと気になる。店の客が拾ってきたとかいうぎんなんをすこしもらう。これも初物。そばと吉乃川を4杯で満足。
[PR]
by somuchfor | 2005-10-14 12:06 | Comments(0)
新宿 somethig new
いつもの新宿界隈へ、11日火曜日。休み明けはなんか飲みたくなる。この界隈だが新しい店に入ってみる。ここらあたりは、横に通りが行く筋かあるのだが、それを縦に切っているとこを真ん中奥まで言ったところの渋い居酒屋風。のれんくぐって入ると、鍵型の分厚いしっかりした木のカウンターがひざの高さにある。カウンターの中は、ちょっとギョロ目の魚屋のようなおやじ。日本酒があるのがうれしい。岐阜の三千盛をもらう。常温?冷や?燗?と聞かれて、もちろんそのまま常温。あては冷奴。今日は沖縄の豆腐入れた、とかいって茗荷と鰹節たっぷりの沖縄とうふはすこーしこってりしてて、それがうまい。三千盛をもう1杯。ラジカセから、カルメン・マキがハードロックに歌ってる。
[PR]
by somuchfor | 2005-10-13 02:08 | 飲み屋 | Comments(2)
タンゴ
久しぶりだ。書くの。イタリア、ベネト州のシャルドネ白。ベネトって、フィレンツェのあたりかな。これ1本飲んで、インターネット将棋やりながら、聞いてた、暗黒大陸 じゃがたらの「タンゴ」。ギターのオトがゾクゾク。将棋は、私が最近凝っている、早石田三間飛車。もともとは江戸時代の石田検校という将棋指しが編み出して、昭和になって、升田幸三という天才が現代風にアレンジしたオシャレ戦法なのだがしかし、酔っ払うにつれ、じゃがたらにつれポカ続出。だが、タンゴ。これはこれだけで、名曲だ。この南蛮渡来というアルバム、フェラ・クティのパクリっぽい曲やらなんやら、ぐじゃぐじゃだが、この曲だけはいつ聞いてもナカナカ。じゃがたらは、江戸あけみという、なんちゅうんですかねえ、やっぱり、山本政志とか言うパンクな映画監督がいるけど、これが友達で、二人で、交番に自転車で突っ込んだら、お好み焼きをおごるという賭けをやり、山本監督が突っ込んで、警官と喧嘩になり、江戸あけみが仲裁に入るため、自分の額をカッターでほんとに切ってしまう、という流血好きなパンク。日本のイギー・ポップかイアン・デューリーなのか。まあ、アケミはアケミ。90年1月27日に風呂につかりながら死亡。「そらそれ」というアケミ遺稿、遺音アフリカバンドとの競演アルバムに入ってる、小玉和文の追悼文は悲しくて美しい。
[PR]
by somuchfor | 2005-10-10 01:09 | 思い出 | Comments(0)
阪神優勝
 遅くなりましたが、阪神ファンのみなさま、阪神優勝おめでとう。あの1・2・サンガリアの岡田が、こんな優秀な監督だとは、自らの不明を恥じます。この優勝、神戸生まれのアンチ阪神ファンであり、巨人ファンである私としては、あまり慶賀すべきことではないんだけど、妙にすこし楽しい。基本のスタンスとしては、あのバカな阪神ファンが、優勝したくらいで、お祭り騒ぎかよ、と蔑視の目なのであるが、この蔑視、軽蔑の眼差しは、関西地区のど真ん中で、あいつら阪神ファンの前で正々堂々と行いたい。遠く離れたここ東京で、当たり前のように生息する巨人ファンと、後、おれと同じようなスタンスのひねくれた阪神ファンたちしかいない、この地で、アンチ阪神であることは、やっぱりすこし気が抜ける作業だ。で、さらに、関西の日常の、私にとって批判されるべき存在であった、関西的中華思想の象徴としての阪神タイガースは、当然のことながら、ここでは薄められ、すこしかわいい。バカだけどしょうがないか。それしかできねーんだから。ちゅうような感じ。
[PR]
by somuchfor | 2005-10-03 16:36 | 流行り | Comments(2)
新宿2
この後、狭い路地通って、大正ロマンねえちゃんの店に。路地にでかい枕のようなもんがソーセージ状にロープでグルグル巻きにされて横たわっている。そうそう、これから2週間ほど、この町は、写真やとゲージツかの表現ブツで犯されるのだ。首謀者のヒトリが、インスタおお姐御であるのだが、これに関しては賛否両論。このゲージツカ活動に賛成した店は、店の中が、写真やら、デザインやら、枕のソ-セージぐるぐる巻きやらに席捲されて、しかもそれをサケなしで見られてもよし、とされる。まあ、勝手にゲイジュツカの作品を来る奴が来て、ぶらっと狭い店んなかみて帰っていくっチュウ不思議な構図。店の中には、サケも飲まずになんの金街か、という声も当然なんだが。大正ロマンちゃんは、なんとなく、金街、ゲ-ジュツ化の波からは免れた模様。グランダッドを2杯。
[PR]
by somuchfor | 2005-10-01 23:14 | Comments(0)