<   2005年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧
2枚でどうだ!
ここで、「宮尾すすむです」、というギャグを若者の前でやってのける、ゴーケツ姐さんがいらっしゃったので、「宮尾すすむと日本の社長」というイカテンバンドを思い出してしまった。なかなかクールなバカバンドだったのだが、今検索してみると、まだ時々ライブもやってるらしい。彼らの作ったone & onlyの名曲が「2枚でどうだ!」というR&B。スキンを2枚重ねて安心だというよくわからん歌詞に、スタックスのブッカーT・MG'sバリのバックにオーティスとはだいぶ違いますが、なかなか日本人にしてはソウルフルな歌声が響いていたような気がする。ライブ行ってみようかな。

昨日30日は、新橋のハイド・アウト・バー、南の島的店でターキーダブルを2杯。三国志の曹操が主役のモーニングのマンガで話しが盛り上がってる。オレは良く知らないが。
[PR]
by somuchfor | 2005-08-31 13:49 | エロ | Comments(2)
つい、ゲソ揚げ
29日(月) 家の近くで、つまり大森の東口ロータリー側のかつてビニールハウスであった大衆テキ居酒屋へ。つまり夏だからビニール要らない。ビール生、サケ1杯、砂肝、つくね、ヒナ肉、レバーを1本ずつ頼む。。肴頼んだ後、次のおっさんから、砂肝、ねぎ間1本ずつね!と注文はいったら、焼きの兄ちゃんが、1本だけかよとぶつくさ。ヒヤっとして、すまんねえ1本ずつで、と思わず兄ちゃんの前のワタシ言ったら、いやすんません、あのおっさん、カネ溜め込んでるんで、渋いんですよ、と兄ちゃん。オレはそんなに金貯めてないかと思ったが、そうかな、とうなずく。じゃ、ゲソ揚げちょーだい、とカネ溜めてないオレなのに、兄ちゃんの機嫌とり。
[PR]
by somuchfor | 2005-08-30 22:59 | Comments(2)
ふらふら
26日(金) 新橋の駅前入った雑居ビル地下の南の島的バー。ターキーを2杯。沖縄の話ししてたら、きゃぴ娘(こ)が、イルカを飼うのが夢だとか。なかなかついていけない会話を楽しむ。で、地獄谷でいつものねえちゃんバーで、開運を2合。うまい。お通しは半熟の煮たまご。
変骨おやじは、ひげそって、店が決まった模様。なんと若者の街、恵比寿で、にいちゃんと組んで、和食とイタリアンの合体店を出すとか。大丈夫かね。みんな心配しながら、行こう行こうと、おやじなしに勝手に盛り上がる。
[PR]
by somuchfor | 2005-08-29 21:23 | Comments(0)
渋谷
24日(水)は久しぶりに渋谷の飲むべい横町に。いつもの吉乃川になってしまった店に。デザインおやじが先客。来週の資金繰りがやばくて、ぼやきにぼやく。吉乃川を3杯。あげの天ぷらがうまかった。
[PR]
by somuchfor | 2005-08-28 06:57 | Comments(0)
突然ロックな恋愛2
b0067590_9535311.jpg再び突然ですが、(ロックな恋愛)から

山野井は、極限の地の、地球上でもっとも天と神に近い垂直の雪と氷の壁たちを、数日間ほとんど眠らずに登り続け、頂上を極めてきた、たった一人で。なぜそのような危険な登攀を行うのか?なぜ一人でなければならないのか?

その山野井がパートナーを伴って登るヒマラヤ、ギャチュンカン、パートナーは女性のやはりトップクライマーの長尾妙子。

まず、ひとまず山野井がなんとかギャチュンカンの頂上を踏んできた後、7500mの超高地で、突然の天候悪化と雪崩の頻発に巻き込まれる。彼らは12時間必死で下降するが、天候の悪化と体力の消耗で300m降りるのがやっとで、7200m地点でビバーク。ビバークと言っても、そこはやはりほとんど垂直の壁で10cmのくぼみに尻を半分ひっかけてテントを頭からかぶるだけの、しかもマイナス40度での宿泊。さらに、頭の上をひっきりなしに、大型トラックが通過するかのような猛烈な雪崩が、彼らを襲う。防空壕的になんとか雪崩をやり過ごし、しかしほとんど眠らずに朝を迎え、下降を再び開始する。夕暮れ時まで、必死にくだって6950m地点、突然巨大な雪崩が二人を直撃するのだ。数秒後二人は、1000m流され、ばらばらになって、なんとか垂直の壁でロープ1本で生きている。長尾がひっかかった壁の窪みに山野井が必死に下りてって合流するが、山野井は疲労で目が見えなくなっていた。長尾がかすかに見える目でなんとか垂直の壁にブランコ状態のビバークを作る。7000mで壁にぶらさがり2時間の睡眠あるいは意識の消失。翌朝、二人生きて朝を迎え、下降を開始する。山野井の目は回復してきたが、今度は長尾の目が見えなくなっていた。山野井はようやく酸素が濃くなりスピードを出して下れていると感じた6500m時点で、目の見えない長尾を見失ってしまう。山野井はここで何故か幻覚に見舞われる。いるはずのないイスラムのオトコと長尾のいる場所を相談し、クーリーたちと会話する。

(やっとここまで書いたが、なかなうまく書けん。)
[PR]
by somuchfor | 2005-08-26 00:23 | 青年の主張 | Comments(2)
広島のお好み
23日(火) 広島風お好み焼きとビールで腹ごしらえ。駅を東口のロータリー側の右へ出て、ドトール、喜多方ラーメン、病院過ぎて商店街に入る前の右側の店。関西方面から来たワタクシとしては、広島のお好みは同じお好みでも似て非なるものと思って避けてたけど、薄いクレープみたいな小麦粉水溶き焼きの中に一杯詰まったジューシーきゃべつと豚肉、そばに、広島の甘辛いソースとマヨネーズの味のコンビにやられてしまっている。外は土砂降りとガラガラビッシャンの強烈な雷の中、もくもくとお好み食ってうまかった。

で、雨すこーし小ぶりになって、またまた地獄谷へ。今日はオネーチャンが風邪で休み。いつも手伝っている、ジャズボーカリストねえちゃんだけが入ってる。客は、オト-サンと娘の二人。オトーサンは株屋の中小企業の社長で、娘は5年目の悩めるサラリーウーマン。仕事の悩み、今後の人生の悩み、尽きないみたい。オト-サン、話し変えようとして、北海道時代の行きつけの飲み屋のママと仲良くなっちゃって、悩める人生から開放された話をし始めると、突然、ボーカリストねえちゃん、悩める娘の二人から、総攻撃にあってたじたじ、いや不倫じゃないとか、気が浮いたんだとか。私がオトコとして、オトーサンの助けに入ると、somuchforさんはそういうヒトだったのかとボーカリストねえちゃんはいやに潔癖。こっちは、オトコはみんなそうなんだよ、とケツまくらざるえない。ハーパー1杯、メーカーズマーク2杯で帰宅。
[PR]
by somuchfor | 2005-08-25 11:24 | Comments(0)
東京飲み
20日土曜は東京、いつもの地獄谷ねえちゃんの店に。実は近くのスーパーで大七生もと売ってたんで思わず買ってしまって、家でぐびぐび3合くらい飲んでたら、外に行きたくなって地獄谷。ここでもおさけで、出羽桜。2合飲んでまた2合飲む。だいぶ酔っ払い。生姜の黒酢漬けがうまい。1時過ぎ、店閉めて、ねえちゃんと残ってた客ふたり、おれと広告やと3人ですこし飲みなおそうということで、近くの居酒屋へ。とびうおの焼いたのを頼んだら好評。最後はへろへろで2時過ぎにお開き。家までの坂がきつかった。
[PR]
by somuchfor | 2005-08-23 16:56 | ポン酒 | Comments(2)
沖縄
大阪から沖縄なんてとこに来てしまっていた。あんまり飲み歩きはしなかったが、17日の夜中
こんな店ですこし飲んだ。70、80年代「紫」って言う沖縄系ハードロックバンドでギターやってたおっさんの店。ワタシの年くらいのヒトはこのバンド覚えてるのでは。日本のハードロックのはしり。ハードロックっていうとバウワウとかもあったな。で、ビーチのそばで、この店、窓のガラスっていうものがなくて、海風が直接入ってくる、不思議。グランダッド2杯。それから島酒っていう泡盛。40度を2杯。すこし酸味が効いててなかなか強烈でうまい。中国の白酒(パイチュウ)的。いい気分で酔っ払って、ホテルまでのビーチ沿いの夜道をとぼとぼ歩く。なんか「Kの昇天」を思い出す。

昼飯で、といってつまり市場なんだが、そこの屋台風の店で食った、揚げたてのもずくの天ぷらとまこもとかの天ぷらが、とてもとてもうまかった。まこも(真菰)はなんかサカナかなと思ってたら、たけのこみたいな食感の野菜だった。健康にいいいいと言われると食べる気なくすけど、これうまい。健康になってもしまっても仕方がないくらいうまい。オキナワ風のテンプラのころもにすこし味がついいててこれもいい。

オキナワは面白い。やみつきになるのがわかるね。胡散臭い自然志向のひと達がいなけりゃもっといいんだが。原日本人、倭人ここにありという感じ。ほんとのところどうかは知らんが。
[PR]
by somuchfor | 2005-08-22 01:05 | Comments(0)
豊中の四川
13日(土) 実家に帰って、大阪は阪急豊中駅から徒歩5分、ジャパニーズ・ヌーベルキュイジーヌ風四川の彩菜に。トロケル牛と黒子胡椒青梗菜炒め。もっちり味しっかり焼き餃子、ねぎたっぷりバンバンジー、揚げた白身魚にかすかにナンプラーがけ、四川山椒たっぷり麻婆豆腐。うまかった。
[PR]
by somuchfor | 2005-08-18 01:19 | Comments(4)
キリンシティ
金曜日、キリンシティに。ビール飲んでたら、女の子が薦めてくれた、なすの揚げ浸しがうんまい。しっかり味がついいてて、固くしまってる。不思議。
[PR]
by somuchfor | 2005-08-13 17:04 | Comments(2)