hamiet bluiett SOS
b0067590_23423222.jpgバリトンサックスの第一人者。ハミエット・ブルイエットのSOSは、77年のニューヨークのライブの2枚組。ブルイエットよく知らなくて、ピアノがドン・ピューレン、ベース、フレッド・ホプキンス、パーカス、ドン・モイエってのが気に入って、6、7年前かなあ、買った。地味なアルバムって思ってたが、1年前くらい前から、これいいなあ!と思って時々聞くのだ。ここからちょいモーソー入っているが、3.11以降の、東京近辺の方々の自分が生きている、生かされていることに対する全的な放棄逃避とも言える、自粛、引きこもり、悲観、わざとらしいニッポン連呼という、この世の自然を全面的に受け入れることへの不安、なんていうことを、このSOSは、穏やかに正してくれる、気がすんだよねー。恥ずかしいモーソー言ったから寝るね。じゃあね。
[PR]
by somuchfor | 2011-04-02 23:51 | jazzbluesrockreggae | Comments(0)
<< 米国DOEのクリーンアップ技術 覚悟して読もう >>