タグ:不良中年 ( 14 ) タグの人気記事
春丹沢、春新宿
11日木曜、新宿行きたいっていうので、G街を案内。8時前に入口で待ち合わせ。20代の妙齢のYちゃんから、もう一人誰か連れて行きましょうかというので、同じ世代のオンナコが2人連れで来てくれて、こりゃ、両手に花だなと、やにさがって、待ち合わせに行ったら、飲み屋の常連の同い年50おとこのSちゃんが、ぼーっと座っていた。なんじゃい、おまえかい。でもSちゃんの思想価値観とG街、合うんだろうか?G街は左翼だかんね。まず、狭い急な階段ぎしぎし登って、スナック扉開ける不良中年改め不良老年の店で、でかいJBL聞きに。吉本リューメイの弟子自認する論客にして、G街最強の雀士、茶髪不良老年がここのおやじ。ロシア料理屋で働いてたこともあって、ロシア餃子のペリメニなんかあり、つまみがおいしい。Yちゃんがそのペリメニ注文。おれも初めて食ってうまい。次は、赤い革命の店。ここのままは歌人にして、毎月20本の映画を見る映画狂でもある。Sちゃんの隣に店の常連のOさんが座って、Sちゃんがいやになじんでるのがおかしい。今日のところはこの辺でお開き。JR行くSちゃんと別れ、新宿三丁目副都心駅へ向かうYちゃんとおれは、も1っ軒行こうかと、インスタレーション姉御の店に。Sちゃんごめん。森山ダイドーさんが時々隣にいるよな、写真家達の店でもある。よーsomuchforと姉御はサケ入って声でかい。なんかわーわー言うの聞くうちに夜は更ける。
つうことで、次の日はやっぱりサケ残って、休みまでとって行きたかった山行かず、土曜に丹沢、塔ノ岳。1か月半ぶり久しぶりにヤビツ峠から。表尾根の神奈川アルプスを行く。渋滞中のじいさんばあさんを三の塔の前で追い抜いたあたりは快調だったが、2時間ほど歩いたあたりで、苦しくなった。心臓バクバクで調子悪し。なんとか木の又まで来てあと20分がだめ。11時でもあり、昼飯食ってエネルギー補給、おにぎり3個食ってしまう。20分ほど休んだが、その間に、とっくの昔に抜いたはずのじいさんばあさんが、ほいほいと登って行った。情けなし。エネ補給効いたか休んだのが良かったか、そのあとはなんとか塔の岳、12時前に登頂。3時間10分かかった。天気もよく、富士もなんとか見える。がけっこう寒い。5度くらいか。風が強い。15分ほどいて下る。下りは快調に、ほとんど小走り。30分ほど下ると花立。紅茶飲んで和んでると、ガラの悪そうなちょびひげグラサンおやじが登ってくる。なんと渋谷の飲み屋仲間のYさんだった。山にしょっちゅう登ってるときいてたが、こんなとこで会うとは。飲み屋では百名山百名山とうるさく、おれも山に登る前だったので、なんだよ、あなたは、山そのものよりも、単なる、百名山のブランドが欲しいだけなのね、と正直軽蔑していた親父である。で、そのYさんと丹沢話20分ほどしてると、このおやじ、いやこのじいさん、丹沢のバリエーションルート、つまり、あんまり人行かない、山道登ったり下ったり、山で迷ったりしたり、いろいろやっておるのだ。これには、ちょっとカンドー、尊敬した。言わないけどね。それに、かわいい女の子を連れいたので、素直にリスペクトしよう。また今度と言って別れ、花立からの相模湾望む大パノラマをちらちら見ながら、走って下る大倉尾根。可憐な山桜が清楚で美しい。2時15分くらいに大倉登山口ついて、いつもの柚子ハニー焼酎割で締める。写真はいつもながら同日4月13日の方のぱくり、申し訳なし、苦情あらばご連絡まで。
b0067590_21353274.jpg
b0067590_21354218.jpg

[PR]
by somuchfor | 2013-04-14 04:45 | Comments(0)
不良老年の店
土曜日、久しぶりに新宿G街、かつて不良中年の店、いまや、不良老年の店に行く。狭いぎしぎし階段を上がってスナックとびら開ける。ああー久しぶりsomuchforちゃん、ますます髪の毛白くなったねというおやじ自身も、そうとうくたびれ果ててる。1年ぶり。去年地震の直後来て以来だ。その時は、地震とつなみの跡、コンビニが荒らされていないとか自慢げに言うテレビを見ながら、おやじは、オレだったら絶対なんか盗むけどねと言っていた。絆なんてもともとありゃしないんだよ、トモダチ作戦って、なんという気持ち悪いネーミングだ、と毒づきながら、孫を失ったばあさんが、その跡地で咲いた一輪の花を孫と見立てて、笑う姿(このばあさんは全然泣かなかった)に店のおやじとおれと、も一人の客おやじ3人で泣いていた。この日は、若いねーちゃんをボーカルにして、親父バンドのライブが6月にあるとかで、その打ち合わせらしい。曲はなんと、森高千里私がばあさんに、じゃなかったおばさんに、今井美樹プライド、涙そうそうなんちゃらなんちゃら、チープなエントリー候補が、JBLの100万円スピーカーから流れてくる。今井美樹のバックのギター、いいね、布袋か?などといって、ハーパーソーダ2杯で次に行った。
[PR]
by somuchfor | 2012-04-02 12:47 | Comments(0)
新宿
18日きんようび、久しぶりの新宿G街。G街唯一の正統的安居酒屋Nちゃんで〆張鶴2杯に煮物とさばの味噌煮。やさしい味噌味に新鮮なさばがうまい。京都から能楽師のおくさまが来てて、天然系でおもしろい。不良中年から不良老年に入らんとする親父の店に流れ、ハーパーソーダ2杯。お通しの鳥の照り焼きがジューシーでうまい。ここの常連たち週刊誌ライターたち、週刊誌BのKちゃん、Nちゃん、PのAさん、Tさんの近況を聞く。Bの若もんは、のりぴーで忙しく、Pの同世代親父たちは、小鳩政権の裏で忙しい模様。朝6時から始まるQってパンクな店がこの街のはずれにあるが、そこをマスター経由で教えてくれた、リーマン兼ベーシストのSちゃんに始めて会う。フジロックに、パティスミスとスペシャルズが来てたことでちょい盛り上がり。お互い行きたかったなあと。12時終電で帰る。昔、この街の2階真っ暗けジャズバーのママが言ってたのが、この街に来る子は皆、家なき子だよと。この日は家なき子たちがちょこちょこっとサケのんで話して、で、すっと別れるのが、寂しくて楽しいいい感じ。でもかつての家なき子たちの暴走的盛り上がりはまたやってくるのであろうか。
[PR]
by somuchfor | 2009-09-24 11:27 | Comments(0)
飲み納め
30日は飲み納めに、いつものように新宿に。自称不良中年おやじんとこに8時すぎ到着。客が3人いて、左端から、テキヤの総元締め、ロシアの記者、自称翻訳家と並んでたので、わたくしめは一番奥に入った。ハーパーを2杯。てきや元締めヤクザのおやじの新宿、六本木、フィリピンおねえさまの扱い方レクチャー受けながら飲んでると、いつもの人妻が着物姿で年末あいさつ回りとかで入ってくる。無名時代の水谷ひろしとか石原裕次郎の新宿での飲みっぷりはすごかったとか話しながら、てきややくざとロシア記者が意気投合して出ていき、人妻ねえーちゃんも次のあいさつ回りで、自称翻訳家もいなくなり、お茶漬けを頼んだのに、何故かおやじが10時前なのに、somuchforちゃん、今日は終わりにして飲みにいこうかということで、脱さら美人ママとこで、着物人妻と合流し、ハーパー1杯飲んで、新しく店開いたハーフのままとこへご挨拶と、荒木町まで。荒木町という典型的昭和飲み屋街の一角にめざすはハーフまま。店はフツウの明るいスナック。開店早々だからか立ち飲み状態で盛況。山口百恵とか、70年代歌謡BGM、BGV。だけ。ここでジャック・ダニエル2杯飲んで、いつもの街に戻ったのが2時頃。向田邦子細腕ねーちゃんとこでハーパー1杯飲んで、2006年もばいばい。
[PR]
by somuchfor | 2007-01-07 23:38 | Comments(0)
昨日は
金曜日、新聞記者と飲んで、別れて、ひとり新宿へ。
美人ままの店へ。2日にデビッドマレイ見た後、いろいろ回って2時過ぎに来たのだが、もう終わりだよー、というのを無理やり入って申し訳なかったので、謝りに。ハーパー2杯。隣の天安門で撃たれたとかいうじいちゃんライターと話する。世田谷の一家4人殺人事件はどうかとか。いつものパターンでお次は、2階の不良おじさんとこ。ハーパー2杯。お通しの手作りチャーシューがうまい。隣で人妻が爆睡中。と思ったら、むくっと起きて、久しぶりだなあおまえ、痩せたあ?と横っ腹をつまんでくるので、さけをおごって話を変える。そんでもって、いつもの細腕ネーチャンとこへ。先客おんな3人とネーチャンが小説ばなし。レディージョーカーのこのコトバとか。わからん、読んでないんで。オンナのひとはいつも夢を見るのね、と再確認。グランダッド2杯?かな。ニーナシモンと、なんとか魂とかいうニポンのおちゃらけインディーズロックがよろしかった。深沢七郎と叫んで見たが反応ないのが寂しい。不思議にネーチャンが美しい。酔ったか。最後に2時すぎにインスタレーション姐御の店に。IT企業を辞めた悠々自適のじいさんが、姐御と最初に知ったのが、京都のなんとかというジャズ喫茶。ハーパーとラフロイグをもらう。店出たら、4時だった。
[PR]
by somuchfor | 2006-12-17 02:53 | Comments(3)
お酉さん
土曜日、新宿に行くと、ヒトがいっぱい。今日は酉の日。花園神社がにぎわってる。9時くらいから不良中年おやじの店に行く。出張してきた客の複数から差し入れがあったとかで、キャビア、鈴廣のかまぼこ、スモークタンと不思議なおとおし。ハーパー2杯。マチャアキからチャーなんていうBGM。そでから、向田邦子的阿修羅のごとくかあうんかの大正ロマンちゃんの店に行く。グランダッド4杯。JJ・ケールのナチュラリティ(すんません、ナチュラリーでした)をかけてもらう。30年前くらいのレイドバック。今月、彼とクラプトンの共作が出るらしい。
b0067590_0364842.jpg飲んでるうちになんか、お酉さんのぞきに行くかってんで、残ってた客、おやじ2人(おれ含む)と悩み多き若者とままとで花園へ。12時近くでもヒトいっぱいで賑わってる。もうなくなったと思ってた見世物小屋がやってるんで皆で入る。ヘビ食いおんなは、20の若いねーちゃんが引き継いでた。ねーちゃんちっちゃいへび食って、突然へびを悩み多き若者のところに投げ込んできて、若者、3メートルほど(おおげさか)後ろに飛ぶ。投げ込んできたへびはゴムのにせもの。そのあと、5、6メートルほどのニシキヘビや、火吹きオンナやら見て、800円。写真がそれだけど、わけわかんねーな。境内ぶらぶらして出店で煮込みと熱燗1杯。若者の恋の悩み聞くうち、うつらうつら。
[PR]
by somuchfor | 2006-11-05 23:52 | 流行り | Comments(0)
7周年
不良中年おやじの店が7周年、だっちゅうので31日、新宿に顔出してみた。差し入れのサケがいっぱいあって、おやじも声、はずんでる。バーボンならブラントンがあるよって。カナディアン・クラブの12年も鎮座ましましてます。3000円飲み放題。ブラントンをロックでいただくことに。別にハーパーでもいいんだが。せっかくだから。今日は、ソウル・フード・パーチー。お通しは、あぶらかす、とやら。牛の小腸の残り物を煮て脂おとして、それを揚げたものらしい。このあぶらかすと水菜のスープ。不思議な味。ウマイ。それと、さいぼしという馬肉のジャーキー。これもいける。ブラントンを2杯もらって、2丁目のねえさん?おやじ?達が花もってやってきたので、なんかおれも差し入れもってくりゃ良かったかな、気が利かないですみません、と思いつつ引き上げて、ちょい隣からトゥーツとメイタルズの元気なオトが聞こえてきたので、入ってみる。(続く)
[PR]
by somuchfor | 2006-09-02 01:14 | うまいモン | Comments(0)
渋谷新宿
渋谷の飲んべい横丁行ったら、いつもの紫やさん、休みだ。どうしたんだろ。風邪でも引いたかな。仕方ないので、向かいの野菜の、と書いた飲み屋に入る。すこし渋い和紙で内装して、若い美人ネーチャン2人が店にいる。太洋盛とかいう新潟のサケをもらう。とり肝煮たのがあて。サケもつまみもうまくて、ネーチャンも素朴かつとびっきり美人なのだが、サケが少ないのとオレに気がナサソーなのが難点かな。サケ2杯飲んで、新宿へ。不良中年とこへ。8月30、31日で7周年やるから、来てよと、おやじ力作の招待はがき渡されるが、ちょうど用事があっていけるかな。大阪の在日の街から直接、生きのいいモツをしこたま仕入れて、SOUL FOOD PARTY と銘打ってる。おれ流マイナー料理作るからな、と意気込んでる。ハーパー3杯。いつもどおり3杯目はコップに目一杯だ。最近ずっと携帯しておる、ウルマー・ブルースをかけてもらう。隣の女性編集長から、中山カホがいいと教わるが、全然知らない。ミホなら知ってると言って、失笑買って残念。で、脱さらママの店に。ハーパーロックね、と言われ、ポン酒と言いそびれて、ハーパーを1杯。オトコは何人のオンナをシアワセにできるのかというイシューについて隣のじいさんと議論してたら、あんたたち、一人のオンナをシアワセにできないくせに、何言ってんだよ、と。おっしゃるとおりでゴザイ。ままこそ、我々何十人、何百人のオトコをシアワセにしてくれてありがとう、とは流石に気恥ずかしくて言えなかった。
[PR]
by somuchfor | 2006-08-26 22:07 | Comments(0)
盆しゅーかん
先週の飲み歩きデス。

14日(月) 夏休みは前の週、終わって、会社セイカツ。夜は渋谷へ。餃子が無性に食いたくなったが、王将がなんと満員で10人ほど並んでる。で、井の頭線横のパチンコやらごちゃごちゃ街の中のラーメンはがでカンビールと、餃子ありつく。ここのラーメンのスープは、なぜか好きなのだが、腹が一杯になっちゃうので控える。飲んべい横町の紫の店にいってみたが夏休み。で、9時過ぎに新宿、不良少年おやじとこへ久しぶり。40過ぎオトコ4人が、所在なさげに飲んでる。ハーパー3杯。3杯目がグラス満杯のバーボンなのにコップ酒状態で酔う。隣の高田純次似の、私とタメのおやじが、コメ表(ひょう)?とかいう中古屋でのギター話し。しかしセミアコとかなんとかようわからん。おやじが、自家製チャーシューの塊りをどんと出して、調査しつつ、まだまだと言いながら、れいぞーこに戻す。すっげーうまそうーだったが、柔らかすぎるとか何とか言って、我々客4人に食わせてくれない。皆、ぶうぶう。次に、隣の隣の隣くらいの2階の大正昭和レトロ画家の店に。エディ・ダンとかいうギタリストかな、と松田雄作聞きながら、オールドクロウ2杯、美人脱サラままとこでハーパー1杯。

15日(火) 大井町イタリアンなバールな立ち飲みなジャジーな店。鹿児島工出身の客のおやじが大興奮。こんな勝つとは思わなかったとか。フォアローゼズ3杯。

16日(水) 湯島のこここのネーチャンの紹介でおもしろそーだったので行ってみた。湯島着いてから電話すると、今日は酒もちよりで4000円の日なのだとか。松坂屋で買ってこいっちゅうので、1300円の影虎4合ビン買って、店に入る。いろいろ飲む。つまみがなかなかうまい。しかしつまみをよく覚えてません。ほやの塩辛、爆雷とか。客が12、3人。結局4合くらい飲んだかな。

17日(木) 五反田で、小料理屋。ビール、厚揚げ焼き、さけ3合。

18日(金) 渋谷飲んべい横丁、紫関係。ビール黒小瓶。今日はだっさいを2杯。ウメー。おやじ、コピーライターにおんな二人とおれ。ままさん、最近マイブームのポルトガルのファドをCDに焼いてくれる。
[PR]
by somuchfor | 2006-08-23 11:51 | Comments(0)
新宿
昨日金曜、というか土曜の未明の新宿いつもの探訪。家で12時頃まで酔鯨を2合ほどちびちびやってたらどうしても飲みに行きたくなり、ジョンヒックス2枚と「荒ぶる血」持って、終電で新宿へ。1時半ころに、自称不良少年おやじのところに着く。店入ると、久しぶりな週刊誌ライターちゃんがいたので、よっ、と目配せしたが、一瞬ではわかってくれない。リーマンスーツでないカジュアルなおれがわからなかったらしい。ああ、somuchforさん、久しぶり、コレ?できました?と左手小指たてる下品さ。できねーよ、そんなもん。で、ハーパ-を3杯。ライターちゃん、最近はワールドカップ取材とかで、ガンガン有名選手と会ってる。いいな。こないだは小笠原の母校の監督と大船渡でさけ飲んで、監督に説教くらったとか。ちょっと説教したくなる奴だね、このライターちゃんは。隣のもひとりの若手ライターちゃんも挟んで、宮本批判、再び。なぜに松田がいない、日本代表。ライターちゃんが大正ロマンさんとこに行こうというので移動してそこで弥生を1杯。3時半ころに不良少年おやじとこにもどり、おやじと3時から開ける謎の店に。4時頃かな。不思議なパンクな空間。ハーパー1杯もらったと思うが、ようわからん。6時過ぎに店を出る。家ついたら、8時半。40分でつくはずなのに、2時間もかかって何してた?
[PR]
by somuchfor | 2006-05-27 23:27 | Comments(4)