jazzyな日々2くらい?
jazzyのつづり間違えてた。最低な私です。jassyってなんなんだよjessyならわかる、高見山大五郎だ、て全然ふぉろーできてないな。
土曜、大西順子が新宿ピットインでやるってんで聞いた。2008年にブルーノートで聞いて以来。もっと昔は、六本木にアルフィーって日野皓正の兄さんだっけの日野元彦っていうドラムのお兄さんの店に、スティーブ・コールマンと一緒に来たのを聞いたような気がする。大西順子は不思議ちゃんピアニスト。しょっちゅう引退するって言って、ファンを悲しませて、すぐあっけらかんと戻って、村上春樹ごときと小澤征爾ごときとコラボやって、大西ファンは激怒しちゃったり。おれはどーでもいいんんだけど。でもすげー力(ちから)があるねーちゃんだ。ピアノの。けっして器用ではない。相当うまいけど、いや日本人では一番だけど、日本人で一番になったってしょうがないからな。彼女は、そのリズムの感覚がすごいのだ。ジャズという黒人が作り出した音楽のコアは、あの独特の後ろ乗りのリズムだ。それは、もちろん、ブルースにも、ソウルにも、ロックンロールにもつながる何かだ。その独特のリズムを元に、ピアノを鳴らす。最初聞いたときは、モンクがうまくなって現代に帰ってきたようなピアノだと思った。まさに、このブログの右上方写真で、ジョンヒックスがトリビュートしてる、メアリー・ルー・ウィリアムズ姉御、女デュークエリントンというか、デュークが男メアリールーだったんだが、それが大西。しかし、大西順子は、彼女には、色艶は全くない。苦手だろうなあ。そういうのに興味ないんだろうと思う。それも個性だからしょうがないな。いや、おれの言う色艶って、日本人老若男女のジャズと称してるけどジャズかどうかわからない音楽家は誰も持っていないし持てるようなもんでもないので、悲観することなないよ。大西君。時々、メリケンの、あと北欧とかに、性質は違うが、微かに色艶におい立つようなものを持ってるピアノ弾きがいるのだ。ドルフィーと一瞬一緒にやった今では音楽家としてはもう死んでしまった20歳ごろのハンコック。バドパウエルの晩年のスウェーデン、ゴールデンサークルでのスターアイズも、マルウォルドロンが死ぬ前のも。まあ、色艶論はおれの変態高級趣味だからおいといて、大西順子のライブ、くわっこよかった。若いうまい兄ちゃんたちとすっごい超絶超速フォービートをガンガンやって、静かなお客さんの中で、おじさんじいさんおれひとり、行け!行けー!もっと行けー!と叫んでおりました。で、菊地成孔(なるよし)が語る大西順子。彼が今年6月の大西の久しぶりのアルバムをプロデュースした。アルバム買った。これはいい。今年の傑作快作だ。m-base変態変拍子ファンクかつ厳格なるフォービートにジョージラッセルしてオムスビラップ。ジュリ・アレンは今いずこ。Terreon Gully(ds)、Yunior Terry(bs)の二人リズム隊が秀逸。

b0067590_0144377.png

[PR]
# by somuchfor | 2016-12-12 15:37 | jazzbluesrockreggae | Comments(0)
自慢話
ひとの自慢話がうぜー。でも世の中には他人の自慢話こってり聞かされるのが大好きな奇特な人たちがたくさんいるらしい。そういうNHK番組があって、めったに近寄らないようにしてたけど、ニュースつけっぱなしにしてたら、それが始まった。くらもとそうのファミリーヒストリーやるという。なんでお前らの父親とかの苦労話をおれが聞かされなくちゃならないのか全然わからん。まず腹立つのが、自分の才能で生きなくちゃならいタレントたちが、自分の能力ではまったくない、親とか祖先のお涙頂戴で仕事して金をもらっていること。スゲー不愉快な番組。おれの親の話を番組にしろよ。って番組にならないか。ちゃんちゃん。
[PR]
# by somuchfor | 2016-12-08 19:42 | Comments(0)
新聞寄稿
新聞への寄稿、第2回(12/2)。都市と自動運転。AI化された自動運転車と高精細3次元地図が都市サービスの基盤に。自動車産業は航空機産業のように移動サービス会社の下請けに、など。今週末12/9で終わり。奇行じゃないよ。それはクレージージャーニーに。しかし、クレイジーよりもクレージーの語感のほうが好きだな。
[PR]
# by somuchfor | 2016-12-05 12:38 | Comments(0)
日曜夜
3週連続で、新聞コラム書くのだが、書けない。1回目は先週やっと書いたが、2回目ができない。余市飲みながらだんだんどうでもよくなってきた。
[PR]
# by somuchfor | 2016-11-28 00:49 | Comments(0)
土曜の10時
酒飲みながら、ネット将棋しながら、鼻男あべかんと香川照之のNHKスニッファー、なんでも匂いで解決しちゃうサスペンス見るのが憩いのひと時だったのだが、来週最終回だって!! どうなる、井川遥?
[PR]
# by somuchfor | 2016-11-26 22:48 | Comments(0)
サイード
エドワード・サイードについての映画、OUT OF PLACE、ってのがあって、佐藤真って死んじゃった日本人監督のだが、その映画ではなく、本を読んでる。おもろい映画ないかなって見つけたのが、チリの戦いとOUT OF PLACEだった。でもOUT OF PLACEはもうやってなくて、DVD買おうと思ったがちょっと高くて、5000円ちょっとかな、2000円台のこの本買った。ざまーみろ。誰に言ってるんだか。サイードは有名人で知ってた。こーぞーしゅぎが大流行(おおはやり)のころ、幸三っていうどケチのオトコのあくどい金作るやり方がコーゾーシュギではなくて、柄谷行人がジャックデリダとニューヨークのコロンビア大でお話ししてた時にサイードとも会ったよって、そのころサイードは、オリエンタリズムという本出して、ヨーロッパの上から目線のオリエント趣味を批判した、らしいが、おれは読んでないからその本の評価はできないが、誰もが認めちゃうかっこいい労作らしい。ちなみに、ジャックデリダは、現サッカー日本代表監督、ハリルホジッチにちょっと似てる。ヒディングはセルジオ越後。で、柄谷が会ったというので、サイードの知識人とは何かっていう本を買ったけど、面白くなくて読んでいない。そして、たまたま、佐藤真と中野真紀子のこの本買ったら、けっこうおもしろかったのだ。サイードはパレスチナ人だ。イスラエルに国を奪われたパレスチナ人。その彼が、私は、最後のユダヤ人だ、という啖呵きるのだ。それは、今やユダヤ人は、イスラエルという国も作り、世界各国に確固としたユダヤ社会を持ち、一方さまよえるパレスチナ人の、サイード自身、浮草のごとくパレスチナ、ヨルダン、カイロ、ニューヨークと移り住む、おのれのアイデンティティは、ホームはどこだ、問いつつ、彼の出した答えは、アイデンティティは分裂してるし、多様だし、いくつもあっていいし、それがかつてユダヤの人々であったし、おれは、その多様性を受け入れ引継ごう。だから私は最後のユダヤ人だ。最後のというのは、こういうさまよい人はもう出さないようにしようという決意なのか。サイードは、すごく熱い人だったらしい。ピアニストで、料理好きでもあった人。サイード、アーレント、ブランショを学ぼうと思う。
b0067590_2348443.jpg




-----
[PR]
# by somuchfor | 2016-11-23 03:22 | Comments(0)
鬼十訓再び
私は、高橋幸美さん(高橋まつりさんのお母さん)は間違ってると思う。鬼十訓に責任はない。けさまで恨むのはやめるべき。私なら自分の娘の自殺はおれ自身個人的な出来事であり、社会からの介入は拒否する。自殺と社会は関係ない、というのが私の個人的な信念です。
[PR]
# by somuchfor | 2016-11-17 21:17 | Comments(0)
alt-right
なんかだんだんマニアックかもしんないので、すいません。POLITICOという、オバマ誕生の2008年の大統領選挙時に、ほぼ同時に生まれてきたワシントンポスト出身の優秀な記者たちが作ったアメリカDCの永田町的インサイダー政治ネットマガジンがある。POLITICOについてはこれなど参照。そのPOLITICOでの共和党幹部、現下院議長ポール・ライアンへのインタビュー読んでたら、トランプの首席戦略官(候補?)、Steve Bannon(バノン)はalt-right だと書いてあった。alt-right はて? alt-rightとは、オルタナ右翼。オルタナロックって知ってるけど、右翼もオルタナかよ。オルタナティブはもともと、もう一つの選択肢、っていうような意味だけど、そこから、新しいもうひとつの別のかっこいいロック、がオルタナロックだったと思う。ダイナソーJrとか、ニルヴァーナもかなあ。どっちも聞いたことない。自分はジョンスペくらいまで(ダイナソーとかニルとかの時期よく覚えてないけど)。で、オルタナ右翼は、八田真行っていう人がまとめてる。オルタナ右翼とは、まあネトウヨ。反フェミニズム、反多文化主義、反ポリティカル・コレクトネス、白人優越主義、白人逆差別被害者意識、レイシズム(差別主義、移民排斥)、ミソジニー(女性嫌悪)などを特徴とする。で、この8年間、オバマ的リベラル理想的な世界に相当反発していた人たちがいたんだと今更ながら思う。日本は逆に、この4年のアベ的保守主義への反発が貯まっていく途中なのかもしれない。ただ、日本の左翼と右翼保守のそれぞれの中身と、アメリカのリベラル、保守右翼の中身はだいぶ違うので注意しないと。軍に対する考え、経済政策、宗教、LGBTに対する価値観、もろもろ。トランプ登場の意味を考えるなら、オバマが何をして何ができず、そもそもオバマにフラストレーションを貯めてきた層はどういう人たちとまた別のどういう人たちがいるのかをもう一歩深く考えなければならない。さて、alt-rightのスティーブ・バノンさん。ワシントンポストの記事が、バノンが、自ら主宰していたニュースサイトBreitbart Newsで、1年前のトランプをインタビューしていた内容を紹介していた。たった1年前、その当時は共和党正統保守陣営からゴミ扱いされていた2人が意気投合していく模様を追っている。バノンが、トランプの政策をほめそやし、ある部分では大衆受けし易いように洗練させ、あるところでは先鋭的攻撃的にけしかける様子が描かれる。バノンは優秀な扇動家らしい。要注意。
[PR]
# by somuchfor | 2016-11-17 15:29 | Comments(0)
最近
読んだ本。「楢山節考」。作者の深沢七郎は私がこの世で最もすっげーと思ってる日本の作家で、「みちのくの人形たち」と「極楽枕落とし図」は傑作だと思ってる。それは、人間はこの世に生きている存在しているということ自体が、人間の傲慢であるからして、そこから、人間はそれを認識することからニンゲンたちは始めようということが徹底しているからなのだ。アナーキーでパンクな考えだけど究極の本質だ。にんげんは自分の意志で死んでる暇はないし殺しあう暇はないしそもそも生きる意味もほとんどないのだ。ただ生きるだけだ。それも人間以外の生き物に遠慮しながらだ。とても正しいと思ったのは、20歳過ぎのころ。この楢山節考は、デビュー作で三島由紀夫というひとが激賞して話題になったらしいのであほくさくて今まで読まなかったのだが、やっぱり深沢さんに敬意を表して読んだ。この小説は、姨捨ての話だが、タイトルの楢山節というとおり、日本の山奥で歌われるような古い素朴な民謡のような歌が、要所要所で挟まれる。それは深沢の作曲のようで、譜面もついてるのだ。深沢はギターの名手でもあった。その歌を聞きたいと思った。新潮文庫、カバーは安野光雅。吉村昭の「海も暮れきる」。この世でサイテ―の俳人、というよりも、こいつはそもそも廃人であろう、あったであろう、尾崎放哉(ほうさい)という、俳句の人の死ぬ直前の小豆島の8か月を描いたもの。吉村昭でなけば、読まなかったうっとーしい話。放哉は酒を飲むとからむのである。ねちねちとえんえんと、己の心に巣くう妬みと驕りをいったりきたりして周りの人間が最も言われたくない傷を見つけ出し寸鉄人を刺し続けるのである。そして生活能力なく、金を借りまくる。ほんとヤな男。しかし、その彼が吐きだした句の一つ一つは、大地の自然と、己の無力と、孤独と、その最果てに現れる美しく枯れ果てた諦念がぽとりぽとりと落ちる。しかし、原口元気は驚異的な攻守にわたっての活躍。でも元気って名前、恥ずかしいから改名した方がいいと思う。放哉に名付けてもらえば?

山に登れば寂しい村がみんな見える
咳をしても一人
枯れ枝ほきほき折るによし
肉がやせて来る太い骨である
春の山の後ろから烟が出だした

アーチ―シェップ、BLUES、Horace Parlan(p)、Wayne Dockery(b)、George Brown(ds)、オランダ変態レーベルtimeless作。聞きながら。
[PR]
# by somuchfor | 2016-11-16 20:50 | Comments(0)
chief strategist in the white house
11/10に大統領選の結果に関して、ポールライアン他共和党執行部がトランプとうまくやればなんとかなるかもって、甘いこと書いたが、もっとよくトランプの背景知っておかないとだめだな。知って別に俺に何ができるわけでもないが。トランプを支えてきた選挙参謀があまり聞きなれない職でホワイトハウス入りすると言うので、今更ながら、この選挙参謀の評判を調べてみると、ひどい人間だった。スティーブン・バノン、首席戦略官でホワイトハウス入り。差別主義者、イスラム差別、反ユダヤ主義、男性優位論者、陰謀論者。米国ナチグループとKKKから支持されている。まあそういうようなことを彼は、つい最近まで自分で主宰するメディアで主張してきたのだ。これは主に民主党からの評価だけど、共和党主流もこの男のことを嫌っている。ネオコンの方がよっぽどまし。さっそく、フランスのルペンを招くとか言ってるし。この種の差別主義者がホワイトハウスに入るのは気持ち悪いなあ。こいつがすべてを仕切るとは思えないが、そもそもそういう人物が大統領のすぐ近くで、アドバイスと称し、わけのわからん論を吹き込める立場にいるのがおかしい。アメリカどうするのよ。
[PR]
# by somuchfor | 2016-11-15 14:38 | Comments(0)