カテゴリ:アウトドア( 7 )
葬式と礼服
かいしゃのお偉いさんが死んだ。今いる子会社の親分でわたしの上司でもある。もと社長、もと会長。わが会社の中古の素、ではなくて中興の祖というやつ。足はよろよろしてたが、頭ははっきりしてたので突然脳溢血で倒れて、亡くなってびっくり。アメリカに出張して帰ってきた3日後の12日が社葬だった。社葬とはですね、会社が総力全力をあげてそーしきをそしきするのであるのだ。すまぬクズなしゃれで。秘書とか総務とかは、しゃかりきである。前の秘書部長、総務部長ガ出てくる、その前の秘書部長、総務部長が出てくる、そのまた前の秘書部長、総務部長が出てくる、そのまた前の..... きりがないのでやめるがそういう世界である。この一大イベントにみんなはりきってる。死んだじいさんはどう思っとるかどうかはこのさい、かんけーねー。営業の一貫かもしれん。それでこのわたくしはですね、今はブラブラ子会社社員としてこの大親分に仕えていたこともあり、その一大そうーしきイベントの管理者の一部でもあった。で、前日の11日、礼服を会社のロッカーから持って会社を出た。明日の12日は赤坂の某ホテルにて、そのライブ、じゅあなかった、ソーシキお別れ会は開かれる。9時ホテル集合なので、家から会社に寄らず直接黒服でホテルに行く。礼服持ったまま、最近ちょっとご無沙汰だった、渋谷のムラサキ、バーor飲み屋に寄る。お土産なんかままに渡したりして。サケ3杯。飲んだくれねーちゃんと、飲んだくれ、八甲田写真オヤジが、飲んだくれてる。楽しくお話する。原田依幸、というピュアーなじいさんジャスピアニストを写真オヤジから教えてもらったりした。それで、明日もあるし、と、写真オヤジの誘いを振り切って、9時すぎに店出る。腹減ったので、そばくって、電車のって、座って、そして...気がついたら、電車は武蔵小杉を方向としては逆走し、渋谷に走っておって、そしてそして礼服がない。しかも頭重く。渋谷の駅員に礼服忘れもンありませんでしょうか、とマ抜けた質問して、全線調べてもらうが、ない。しょうがない、ないもんはないのだろうと、渋谷に泊まることにした。あした朝どっかで礼服借りる。時差ぼけでこの1週間あんまし寝てなかったからか。
[PR]
by somuchfor | 2007-12-24 00:12 | アウトドア | Comments(2)
アウトドアァー
先週の金曜日、いつもいつもの渋谷のヨコチョーのむらさきな店で飲む。以前はこの界隈で店やってて、自分が店のサケ飲みすぎて店つぶしてしまったねーちゃんとデザイン会社のダンデーおやっさんと。ダンデーさんから、おれのブログ見た? そうなのだ、このダンデーさん、さすがデザイン会社のおやじだけあって、鉛筆一本ですらすらとなあんんでもスケッチしてしまう。この店の2階で盛り上がった絵を描いてブログに載せてくれた。多謝感謝。 で、じゃことゴーヤと豆腐のすんばらしくうまいサラダ食って、しばらくすると、八甲田山写真家もと全共闘おやじも入ってきて、ままさんが、そう言えば、この〆張まだすこし残ってるけど、みなが気に入って2階で飲んでしまった吉田蔵もあるわよ、と。なぜか、オレがじゃあ、その残ってる〆張空けて、皆で吉田蔵、ということになり、〆張を2杯、3杯。そしてさらに吉田蔵も2杯3杯。12時過ぎにいい気持ちで店出た。 のだが、ふと妙齢の女性から声かけられた気がして見上げると、ままだった。オレは横丁でたところのすこし引っ込んだ階段で熟睡中だったのだ。久しぶりのアウトドア。しかし、このままさんに見られるのはなんか恥ずかしい。あ、どうもとか言いながら、ままさん気をつけてねと言いながら、去る。オレはまた寝る、次起きたら2時半だった。昨日ままに聞いたら、あんまりまっすぐにきれいに寝てるひとがいるので誰かなと思ったら、somuchforさんだったから、と言う。
[PR]
by somuchfor | 2007-09-13 15:47 | アウトドア | Comments(2)
アウトドア
サケ日誌的にアウトドアと言えば、外で寝る、ことである。ワタクシの趣味、嗜好、性癖、サケを飲んだ上での、あげくの、嗜みか狼藉か狼狽かわからんが、そんなもんである。ワタクシとしては、この紳士の嗜みと幸福を、すべからく、サケの上と中で生きる生きとし生けるもの達に分け与えたく、強くオススメするのだが、でも、もひとつ評判良くないんだよね。まあ普通にまじめに、生きてる方々からしては、真由は鶴田じゃなくて、眉ひそめる行為であるわけであるからして、オレとしてもあんまり話しないが、相当のサケのみでいつもぐでんぐでんで、飲み屋の中を荒らすような奴に話しても、「外で寝る?somuchforさん、それはいけません!アブナイです。」とか説教されたりする。おまえと飲んでるほうがよっぽどアブナイんだが。東京の夏のじっとりと不快な湿気を含んだ暑い夜、何杯かのサケを飲んだ後の、かすかに焦げ臭く、ざらりと冷たい駐車場脇のアスファルトの大地に、ネムル幸福。アーティフィシャルな構築物に囲まれた都市に生きる人民に許された、数少ない自然宇宙の野性との交感の時。地球に最も近い、大地と薄皮1枚の今を感じとれる瞬間。冬のいてつくような夜に、寒さの中のオアシスとして作られたかような、24時間のATMコーナーに逃げ込み、その母なる暖かさに包まれながらネムル安心。しかもなんと言っても、大地との夜のエクスタシーの共有を終えた後の、一方で凶暴な都市の狂気の手からなんとか今日も逃れられた(財布盗まれてないだろうな?)というすがすがしい朝に迎える、二日酔いでガンガンする頭とうつろな目と耳がボンヤリとらえる、清く正しい日本の時を刻むかのような、おとこたちのおんなたちの足たちの正確でゆるぎない靴音(いや、まだ地面に寝てるので、まず、足と靴が目にはいるんです)。
そんな、つつましやかな至福の時、最近あんましないなあ。もうすこし暖かくなってからだな。

そんでから、水曜は、神田の「酒」は「人」の「心」をつくる立ち飲みやにて、この4月で定年を迎えるおっさんと、天狗舞を3杯。日本に品格を!、アメリカになめられるな!のおやじで、言われれば、こっちは反対意見言いたくなって、最後はサケも飲まずにカンカンがくがく議論してたら、店の中国人風のネーチャンから、もうサケ飲マナイノー?と言われ、二人はっとして、店にバイバイ。木曜は地獄谷でハーパー3杯。昨日の金曜はなんと家で仕事しながら水ちょっと垂らしハーパー1杯。最近寝てなかったからか、12時にダウンしてしまった。
[PR]
by somuchfor | 2006-04-15 08:14 | アウトドア | Comments(10)
性懲りもなく
21日(火)、ボーナスでたしルンルンと新宿に。大正ろまんさんとこで、焼酎「明るい農村」を2杯。うまい。客は誰も来ない。お次は、インスタレーション、大姐御とこでハーパー3杯。秋の大ゲージューツ家、新宿大集合プロジェクトの下打ち合わせが急遽始まった、文部省からいかに金せしめるかの密談で、わたしは、こばらもすいたしラーメン屋へ。次の日は仕事もあまりないし、テッテーテキ飲もうと、コンビニで金おろし、で、何故か焼酎が効いてきたのか、眠たくなって、花園神社で一眠り。1時半ころ知らないおっさんに起こされる。考えてみればこれが怪しかった。まあ、何ごともなく、知り合いを呼び出し、飲みを続けるつもりで、知り合いは腹すいたので、近くの寿司屋ですこしつまむ。さけ二人で3合。金払おうとして、異変。財布がねーーじゃねーーかーー!!。まあ、2万ほどと、マスターと銀行のキャッシュカードだが。花園神社やら、飲み屋界隈回るが当然ない。あのおやじが怪しいが後の祭りだ。ショックである。泥酔して、記憶がなかったわけではない。すこし疲れて、仮眠をとった。今まで何十回となくあったこと。で、してやられたのだ。くそー!普通の仮眠で、ショックだ。新宿よ!、花園神社よ!、やってくれるじゃねーか!。カード会社に連絡して止めてもらう。しかたないので、2丁目のロックンソウル・バーで知り合いに金だしてもらって飲む。キンクスのロケンロールが、哀しく響く。くそー!、花園よ、今度はありったけの金を腹に巻いて、一晩中寝てやるぞ!と虚しい、犬の遠吠え。
[PR]
by somuchfor | 2005-06-22 23:48 | アウトドア | Comments(3)
熟睡な新宿
27日(金) 新宿で爆睡。3時過ぎまで飲んでて、ちっちゃいビルの階段の裏ですこし寝ようと思って、気がついたらもう6時。
有楽町のオペラ、クラシックファンの変な居酒屋が始まり。サッカーをテレビでやってたから、入ったんだけど。しかし日本サッカー、ぼろぼろだなあ。ワールドカップに行けないかも。ジーコ、加茂監督みたいになってきたな。で、ここではビール生1杯、日本酒1合。いさきの刺身、ミンク鯨の赤身の刺身。鯨はうまかった。新宿に移って、いつもの店3件。明るい農村2杯、ハーパー2杯、ハーパー1杯、グランダッド1杯。

次の日、今日だけど、当然のように絶不調。3時ころになって、ようやく、すこし、体調戻る。
[PR]
by somuchfor | 2005-05-28 21:30 | アウトドア | Comments(3)
花見
8日(金) 突然お呼びがかかり、青山墓地で、ヘンなイタリア人記者が集めた面々での花見&法王追悼。40人弱集まったか。さすがイタ公らしく、パスタを現地でゆでて、ミートソース。パルメザン、ハムソーセージ等食材が豊富。サケはワインをがぶがぶ飲む。ナイフがなく、ハムソーセージは最初から分けてるやつだから良かったが、パルメザンはでかいままのモノで、無理やり、手で割って食べる。でもうまかったね。面白かったのは、外人が多かったので、最初こそ、日本風に車座で座って宴会してたが、だんだんみんな耐え切れなくなってきたか、最後はほとんど立ち飲み、スタンディング・バー状態。座ってたのは日本人の一部のみでした。最後に飲んだオーストラリア人が作って持ち込んできた梅酒が、異常にアルコール度数、強くて酔っ払いました。50度近くでは。
[PR]
by somuchfor | 2005-04-11 08:56 | アウトドア | Comments(4)
被接待者
17日(木) 接待された。まあおごってもらった。同業他社の役員。このおやじは、まあ典型的な団塊の世代だなあ。極めて優秀で仕事ができ、体制内反体制派のスタンス。場所は新橋の焼き鳥屋、鳥割烹。3人で720mlの焼酎2本。酔った。
家の最寄駅に着くと、無性に眠りたくなって久しぶりに駅の構内のホテルへの連絡通路の片隅で寝てしまう。しあわせ。30分くらい寝たところで、ホテルの人間に起こされた。せっかくいい気持ちで寝てたのに。
[PR]
by somuchfor | 2005-03-18 17:43 | アウトドア | Comments(2)