韓国2
で、去年見つけたバーへ。
the old pop って店。明洞とかいう繁華街の裏にあるショットバー。10人くらい座れるカウンターに、前回は白い娘と黒い娘だったが、今回はすこし若い片山広明みたいなおやじと片瀬梨乃を若くした迫力バディのねえちゃんがサーブしてくれる。ターキーを3杯。BGMはCCR。その後古ーい若ーいサイモンとガーファンクル。アメリカンフォークとかカントリーロックが好きらしい、このおやじ。後ろの棚は擦り切れたLPレコードでいっぱいだ。たまたま隣に日本人のサラリーマンがいて、お互い、韓国でよくこんなところで飲んでるなあ、と。片山広明おやじが、実はここのオーナーで、去年の黒い子がカレの妹らしい。去年はオヤジが他の店で忙しく、おれが来た時はたまたま、妹の黒い子、白い子で店仕切ってた頃だったらしい。去年はオンナの子でそれなりに良かったが、今年の片山広明のやんちゃぼうずおやじの味も捨てがたい。さてここで、隠し持ってた、我がスタンゲッツ、死ぬ直前のライブの「中国行きのスローボート」をかけてもらう。去年はゲッツジルベルトかけてもらったので、だからこれ、持って来たのだが。片山おやじ、わが思い知る由もなし。しかしおやじ、このCDえらく気に入ったらしく、ここに置いておけと、隣のにいちゃんが通訳してくれる。おれも酔っ払ってたのか、よしわかった、ボトルキープはしないけど、CDキープだ!とかいって、おれのお気に入りゲッツ・ライブ、店に置いてきちゃった。.....いつ韓国に行けるか?
[PR]
by somuchfor | 2006-10-13 23:16 | Comments(2)
Commented by nande27 at 2006-10-15 22:23
そうか、私が数々の記憶を失っているのはお店に記憶キープしてるからなんですね!
どこに行けば取り戻せるのかも分からない・・・。
Commented by somuchfor at 2006-10-18 09:44
nandeさん、そうですね、記憶キープ!、ワタクシめも、数限りなく行っております。時々返してもらいに行かねければ。
<< 久しぶりに新宿 韓国 >>