books
現在読んでるのは、網野善彦、日本社会の歴史(上)(中)(下)。桓武天皇は長岡京を作るが、そこは当時朝鮮半島からの移民の町で桓武天皇自身がその血を強く受けていた。また同じく朝鮮半島百済の亡命王が河内交野(かたの)におり、桓武天皇はそこと強い結び付きがあった。こういう話ちゃんと森友学園でも教えて欲しい。スーザン・ソンタグ、「書くこと、ロランバルトについて」を買う。忖度そんたくソンタクって、うるっせーなーと思いながら、ソンタグを思い出して買った。これは森友に感謝。まだ読んでいない。さらに昔買ってまだ読んでないのが、エリック・ホッファー「波止場日記」。沖中士(港湾労働者)、肉体労働を続けながら思索し続けたアメリカの市井の哲学者。彼のように生きたい。

b0067590_2162919.png


b0067590_2371878.jpg

[PR]
by somuchfor | 2017-04-21 13:11 | Comments(0)
<< 早渕川沿い 今日のウタ >>