書と美
5月の13日、書と盆栽アートの不思議なコラボを見に行った。書をすなる女性と盆栽をアートにまとめる男性の共同展示をここで。ねえちゃんとは、14年くらい前、NHK近くの裏さびれた地酒を売りにしてるくせにサケそのものがいつもほとんどない飲み屋で知り合った。その頃は、その後少し経った頃までは、書なんてものは、コーコーセーの頃見た会津弥一から始まっても、いや王羲之からはじめてもなんでもいいのだが、そういうレベルのもの以外は見たくもないし、触れたくもないと思ってた。これは、書に限らず、文学、哲学、音楽、写真、スポーツ、すべての人類が行う美的抽象化行為の分野では、自分だけが、すべてをわかってるし、他人と交流するのは無駄だと思ってた。自分が認めるもの以外は、どうせ素人のお遊びでしょ?いやプロとして金もらってる人のものでも、私の評価でそう思ってた。これは、突き詰めれば、自身がわたくしがあなたが実際に行為することへの批判でもある。書を捨て街に出る、ことへの批判である。現実、実生活への批判でもある。生きることへの批判であり、美はそう簡単に作れないし、そんなものもしかしたらこの世にないかもしれない。素人の趣味なんかにつきあいたくない。いや玄人の自己増長した、日々てれびぃーとかメディアに出てくるあらゆるものにうんざり、という清い男子中学生少年の純潔をわたくしは持っている?いたのだ。とても傲慢だけど。今でもまだちょっとそう思う時があるけど。これは、おれが、客観的に評論家的にすべてを知ってる理解してると言うことではなくて、おれがその都度感覚的にとらえる抽象物、行為への理解は個人的にけっこう深くて、その理解と他者との交流、コミュニケーションは成立しないと思ってたのだ。(続く)

書とジャズと
http://sakenisshi.exblog.jp/16050412/

なんか周りに余計なもの写ってるけど、彼女のこの書が気に入って買った、大事にしよう。ちょっと生硬な感じがいい。
b0067590_15514751.jpg

[PR]
by somuchfor | 2016-06-01 11:12 | Comments(2)
Commented by コッコ堂のナッちゃん大好き! at 2016-06-02 12:58 x
風向きが変わりつつあるのでしょうか。
Commented by somuchfor at 2016-06-03 19:45
そういう下種の根性で他人の純潔を糞尿まみれにするよりも、不幸にもなくなってしまった女性の漆塗りの茶渋の高潔な財産を、自分の老後の金稼ぎのために詐欺師として流用してしまう男に一言言った方がいいんじゃないかい?誰だか知らないが。
<< birthday 丹沢 >>