matthew shipp
b0067590_12544581.jpgb0067590_1136433.jpgマシュー・シップ祭り。ピアノだ。一番上の左 new orbit を10年ほど前、ちょっと歎美な前衛ジャズにこってたときにジャケ買いしたのだ。前、書いたヘルゲ・リエンも同じ頃。二人はだいぶ違うが。シップによって、静かな美しいテーマがどの曲にも同じく繰り返され、抽象度を増す中で、ワダダレオスミスの

b0067590_1257625.jpgb0067590_11342832.jpgペットがいい。1段目右は Pastoral Composure から6枚、今回一度に買ってしまった。2段目左、Elastic Aspects、Equilibrium、3段目、Piano Voltex、Nu Bop、最後は、DJとのコラボ、Subliminal Kids with DJ Spooky。Pastoral Composure かっこいい。珍し

b0067590_11351145.jpgb0067590_12415586.jpgくほぼ4ビートで、ウイリアム・パーカーのごつごつベースがすごい。アコースティックなのにヘビメタファンクベース。このパーカーのごつごつベースに乗っかるシップのピアノは、通常のピアノイディオムをぶち壊し回避しながらも、常に美しく研ぎ澄まされたそのタッチがすばらしい。っつうことで、New Orbit から、
b0067590_12422054.jpgどちらかというと遡って聞いてる
マシュー・シップだが、さらに遡る
と、シップとデビッド・ウェア、
ウィリアム・パーカー、スージー・
イバラの怒涛の黄金カルテットが
あるらしい。
はよ買お。
[PR]
by somuchfor | 2012-06-05 11:35 | jazzbluesrockreggae | Comments(0)
<< group B 追悼 Mars Bar >>