ノンフィクション作家
久しぶりに会社来て(先週夏休み)、読んでなかった日経の10日分を目通している内、読んだ8/5の書評欄。上原善広の「カナダ歴史街道を行く」(文芸春秋)が紹介されていた。こないだ(7月終わりごろ)、G街バーPで、たまたま彼に会って、男から女に転換し、現在はおっさんになってるMちゃんの話をしたのだった。15年位前、Mちゃんも私も、その他大勢、このバーを起点に夜通し騒いでいたのであった。今、彼は地元で時々Mちゃんの相談相手してるという。あのMちゃんの相手をできるのは彼だからこそ。偉いお坊さんのような温かく寛く大きい心が彼にはあるのだ。若いのに。日本の路地を旅する(2010年大宅壮一ノンフィクション賞受賞)、も全国の被差別地域を歩いた彼の快作、著作である。73年生まれ。読もう。
http://u-yosihiro.at.webry.info/
[PR]
# by somuchfor | 2017-08-14 15:14 | Comments(0)
しぶや
きんようび、久しぶりに渋谷飲み屋街をうろうろ。まず、E2、S侯とその娘とYちゃん。別れて、まぐろで新宿のねえちゃんと落あい、松輪しめさばうまし。Yっさんのバーで2杯、鳥さんいなかったが、ムーンフィールドに久しぶりに出会い、むらさきに。店主の嫁さんがいて彼女とも久しぶり。近くのスウエーデンからおけスナックで、店主とカウンターテナーの男の子を取り合いしてたこと思いだした。で、最後はハスっぽいところ。酔った。
[PR]
# by somuchfor | 2017-07-27 12:33 | Comments(0)
小林
壇蜜にはなんの責任もないが、宮城よりも小林行きたくなる。
[PR]
# by somuchfor | 2017-07-21 16:36 | Comments(0)
ようこ
セシルのもくろみ。よう子twitterにつられ見ちゃったが、おねえの徳井がおもろかった。
[PR]
# by somuchfor | 2017-07-14 11:46 | Comments(0)
twitter
真木よう子フォローした。
[PR]
# by somuchfor | 2017-07-09 21:48 | Comments(0)
カレーの季節
昼は、神保町共栄堂の黒いカレー。夜は、NHKの水野仁輔のホテルカレーレシピ見て、木曜作ったキーマカレー食す。以下は共栄堂。
b0067590_3344888.jpg

[PR]
# by somuchfor | 2017-07-05 03:35 | Comments(0)
somuchfor
私のハンドルネームはsomuchfor、もうおなか一杯、ってなことで。個人的に、そしていたいけなじじい、ばばあ、にわか、いなご的ふあんの方々には申し訳ないですが、早く負けてほしい。静かに後生を後半生を、暮らしの手帖のようにあざとく静謐を装うそんな安治なくらしではなく、ほんとにぼぉっと暮らしたい、ではなくてぼちぼち将棋したいと思う今日この頃であります。F君に罪はないのだが。
[PR]
# by somuchfor | 2017-06-28 03:11 | Comments(0)
金曜
5時に水道橋の車会社の仕事終わって、自由が丘に5時半。コの字が素晴らしいうなぎな飲屋。金宮たっぷりに、缶入りのお茶で割る。塩、ひれ、かしら、からくりはたれで。うざくももらう。金宮2杯でちょっと酔う。学芸大に戻って、ねーちゃん酒場。おとおしは、なすの煮びたし。アオヤギもらおうと思ったら、隣の兄ちゃんが頼んだので、いわしのカレーフライ。カレー味がほのかにかよう程度が、横っちょのマカロニサラダと相まって絶品。麦の香りが豪華な山の守を2杯。ここは、ここも、焼酎大盛りでまた酔う。隣のあおやぎ兄ちゃんは、パンク青年だったらしくて、パティスミスとかテレビジョン、トムバーレインとかの話する。

b0067590_0255851.jpg

[PR]
# by somuchfor | 2017-06-26 00:27 | Comments(0)
メディアの宿命にカツ!勝つ?
たまたま今帰ってきて、テレビつけると、NHK含め4局が、藤井聡太28連勝の勝利記者会見、生中継。意味わかんねー。早く、この意味のないバブル的放送報道合戦(メディアというのは常にバブルで虚飾を煽るのが使命)にけりをつけるためにも、次の増田君勝ってちょうだい。しかし、澤田に2連勝はすごい。澤田って相当強い若手なのだが。今まで28連勝の記録持ってた神谷8段56歳は、「今日はすごい日に立ち会った。でも藤井君28連勝で止めてくんない?ダメ?」とかわいかった。
[PR]
# by somuchfor | 2017-06-21 17:57 | Comments(0)
丹沢水無月
昨日は会社の特別休日で、久しぶりに丹沢塔ノ岳。下界はちょっと晴れてたが、山は曇りがち。サケ浸りのなまった体をだましだまし登った。トウゴクミツバツツジもシロヤシオも花は終わり、ウツギだろうか、花立の脇に可憐にさいていた。汗をたっぷりかいて、体の水をたっぷり入れ替え、新しい、アルコール入りの燗した水を注入、そしてかすかに甘いこちの刺身をここで頂いた。

b0067590_710298.jpg

b0067590_7102288.jpg
b0067590_7103669.jpg

[PR]
# by somuchfor | 2017-06-10 07:11 | Comments(0)