金曜
5時に水道橋の車会社の仕事終わって、自由が丘に5時半。コの字が素晴らしいうなぎな飲屋。金宮たっぷりに、缶入りのお茶で割る。塩、ひれ、かしら、からくりはたれで。うざくももらう。金宮2杯でちょっと酔う。学芸大に戻って、ねーちゃん酒場。おとおしは、なすの煮びたし。アオヤギもらおうと思ったら、隣の兄ちゃんが頼んだので、いわしのカレーフライ。カレー味がほのかにかよう程度が、横っちょのマカロニサラダと相まって絶品。麦の香りが豪華な山の守を2杯。ここは、ここも、焼酎大盛りでまた酔う。隣のあおやぎ兄ちゃんは、パンク青年だったらしくて、パティスミスとかテレビジョン、トムバーレインとかの話する。

b0067590_0255851.jpg

[PR]
# by somuchfor | 2017-06-26 00:27 | Comments(0)
メディアの宿命にカツ!勝つ?
たまたま今帰ってきて、テレビつけると、NHK含め4局が、藤井聡太28連勝の勝利記者会見、生中継。意味わかんねー。早く、この意味のないバブル的放送報道合戦(メディアというのは常にバブルで虚飾を煽るのが使命)にけりをつけるためにも、次の増田君勝ってちょうだい。しかし、澤田に2連勝はすごい。澤田って相当強い若手なのだが。今まで28連勝の記録持ってた神谷8段56歳は、「今日はすごい日に立ち会った。でも藤井君28連勝で止めてくんない?ダメ?」とかわいかった。
[PR]
# by somuchfor | 2017-06-21 17:57 | Comments(0)
丹沢水無月
昨日は会社の特別休日で、久しぶりに丹沢塔ノ岳。下界はちょっと晴れてたが、山は曇りがち。サケ浸りのなまった体をだましだまし登った。トウゴクミツバツツジもシロヤシオも花は終わり、ウツギだろうか、花立の脇に可憐にさいていた。汗をたっぷりかいて、体の水をたっぷり入れ替え、新しい、アルコール入りの燗した水を注入、そしてかすかに甘いこちの刺身をここで頂いた。

b0067590_710298.jpg

b0067590_7102288.jpg
b0067590_7103669.jpg

[PR]
# by somuchfor | 2017-06-10 07:11 | Comments(0)
ポケットの戦い
ネットで初めてYシャツ買った。安くて品質もいいので気に入った。今更ながら。で、初めて着ていった今日、トイレに立った時に、かけていた眼鏡を外して胸に入れようとしたら胸ポケットがなかった。あで?以下は、おれが買った鎌倉シャツの貞末会長のブログから。いろいろ議論があるらしい。なるへそ。

----------------------------------
ドレスシャツ、Button Down以外を胸ポケットの無いものに変更した。
ドレスシャツのポケットを外す決定には賛否両論で、未だに(1年経過)反対の立場の方々から厳しい批判を戴いている。

その論旨は、
1.『ここは日本である。日本人に売る以上、日本の気候風土、習慣に倣い日本人仕様のシャツを販売すべきではないか。あなたも日本人ではないか。』
2.『私は米国に何年も滞在したがシャツにポケットなしなど聞いた事がない。何かの思い違いではないか。』
3.『夏場はクールビズが浸透していて、上衣、ネクタイなしが一般化している。上衣が無いので、シャツのポケットは必要不可欠である。』
4.『単なるコストダウンではないか。』

以上の論旨は、ごもっともと考えている。

しかし一方で、
『正統なドレスシャツ(ポケットなし)を着たかったが世界の一流ブランドやラルフローレンのドレスシャツしか捜せなく、いくらなんでもこれらのシャツを何枚も購入することは出来ない。
10年以上も前には確かスリムFitシャツにはポケットがなかったが、オンラインショップが始まって、やがてポケットありになり、鎌倉シャツには失望していた。
鎌倉シャツさん、よくやってくれた。』

こんな賛成意見も在る。

NEW YORKに出店してオープン初日早々に、ポケット付きのドレスシャツについて、「何故ポケットが必要なのか」お客様に問いただされた。

彼の論旨は、
1.『シャツは肌着に近いもので物を入れる機能は必要ない。』
物を入れたければ、JACKETにもPANTSにもポケットは沢山ある。

2.『シャツはスタイリッシュに着たい。』
シャツとネクタイはビジネスシーンにとってとても重要で、敢えて言えば最も男性がSEXYであるのは、上衣を脱いでシャツ姿になった時である。
故に彼はジャストサイズのシャツを探している。
ジャストサイズのドレスシャツを着用して、ポケットに物を入れれば、そのシルエットは崩れてしまう。デリケートで高級なシャツ地はダメージを受けてしまう。

(余談になるが…
アメリカ人は太った人が多く、又すぐに太るという恐怖心から少々大きめのシャツを購入する傾向がある。
メーカーが“スリムFit”と言っても、表現はそうでも必ずしもスリムでない“スリムFit”シャツが溢れている。
日本人はそんなに太るという恐怖心が無いだろうから、日本人の作る“スリムFit”は本当に期待通りのサイズに違いないと考え、買いに来たという方が大勢いたのです。)

アメリカでは正に、ポケット付きのドレスシャツは1枚も売れなかった。

イギリスで発明され、進化したドレスシャツであるが、正統な源流は、ポケットなしだ。
ポケット付きはジャパニーズアレンジであって、これを世界に拡大することは不可能である。
私達の会社の社是は日本人の男性をおしゃれにする事であり、世界で活躍するビジネスマンを応援すると設立以来、この目的に邁進してきた。
もし、NEWYORKでお客様の忠言がなければ、応援していたつもりの人々を世界の檜舞台で恥をかかせてしまったのである。

考えてみれば衣服が買える生活でなかった第二次世界大戦後は、セーターは手編みで作り、上衣は軍服を改造し、有力者は街のオーダー屋さんでスーツ、ヂャケットを作らせていた。
この頃は、衣料は暑さ・寒さをしのぐ必要衣料であった。
従って衣服には、機能が具わっていることが必須で、購入の動機はその機能の良し悪しが決め手であった。すなわち、人々は衣服の機能を購入したのであった。

やがて人々の暮らしが向上し、衣食が足りた婦人にはFASHION誌が、男にも、男子専科などのおしゃれ誌が登場した。
1950年後半に石津謙介の設立した服飾メーカーVAN JACKETが誕生する。
人々は機能消費から目覚め、格好いいもの、すなわち“情緒豊かなもの”を求めるようになった。
(機能消費から情緒消費への転換である。)
機能ではなく、“情緒”を刺激したのがVANであった。
若者達も大人も、服は格好良いもの、夢を叶えてくれるものとして、一世を風靡したのである。
私はVANに在籍し、その伝統を受け継ぐ者として、服は“格好良いもの” “情緒を豊かにしてくれる” そんな使命を引き継ぎたいと考えている。

当然、日本には機能満載のポケット付きドレスシャツやクールビス対応の派手なシャツが世に溢れている。
それが果して格好良いか否かではないだろうか。
そのシャツ(鎌倉シャツを含め)が好きか嫌いか、それこそ情緒の問題で、それを選ぶ本人の自由である。そこには誰も異論を唱えることは出来ない。

格好良いか否かは、他人が判断する。
自分がそう思っても、他人が評価しなければ、それは一人よがりという事になる。
自分の評価は他人がするのである。
異論反論、有難く受け留めるが私たちの会社の使命としてやっていく決定を覆すことは考えていないのである。

格好よいビジネスマンが世界に飛躍する姿を夢みて

貞末 良雄
2014.8.5
[PR]
# by somuchfor | 2017-06-01 13:38 | Comments(0)
yasuhiro masuda
藤井がまた勝った。19連勝。昨日の夕食に、藤井はチャーシューメンを将棋会館近くのほそじまやに注文し、ほそじまやのチューシューメンは、そのあと注文が殺到すぐ完売。また、将棋会館前に到着したほそじまやのラーメンを持ってきたバイト君には、テレビマスコミのカメラマン達とインタビュアーが駆け寄った。どゆこと? で、増田康宏ってのがいる。19歳。彼もプロの将棋指し。藤井がやってくるまで、現役で最年少の棋士だった。藤井のように中学生でなったわけではないが16歳でプロ入りしている天才の一人。藤井は、若手でもトップクラスの近藤誠也に昨日勝って、竜王戦予選6組優勝、次の決勝トーナメントに進んだが、そこで最初に当たるのが、予選5組で優勝して同じく決勝に出てきた、増田だ。そろそろ今度は増田君に頑張ってもらいたい。

−−これまでで負けて一番悔しかった将棋は?
「AbemaTVの藤井四段戦です」

――注目された対局でしたからね。
「生まれて初めて年下に平手で負けました」

――なんと!そうなんですか。増田先生が19歳、藤井四段が14歳ですか。増田先生から見て藤井四段はどうですか?
「序盤がうまいです。普通若いと序盤は粗いとしたものなのに、しっかりしてます」

――先生と対戦した将棋、観戦してましたけど終盤の▲9七玉にはびっくりしました。
「あれは・・・不覚でしたね。あんなに強くなっているとは思いませんでした」

――あ、以前にも対局したことがあったんですか?
「はい。藤井四段が三段になったときに一度。そのときは勝ちました。今回もまぁ勝てるだろうと思ってたんですが、自分の想像以上に強くなっていました」

――炎の七番勝負は終わってみれば6勝1敗で羽生先生にも勝ったわけですからすごいですよね。
「ただ、今回は対局相手の皆さんが様子を見ていた、というか引いていた部分はあったと思います。羽生先生も仕掛けられて一方的に悪くなってしまい、公式戦では見られないような負け方をされていました。そういう意味でも勝負はこれからです」
[PR]
# by somuchfor | 2017-05-26 15:03 | Comments(0)
いしうらうら
最近は、ちょっと忙しい。相撲が始まって、稀勢の里はどうでもいいけど、石浦宇良、そしてなんといっても、もうベテランの嘉風。豪風、松鳳山、妙義龍たちが元気ないのが残念だが、小兵力士たちの技あり相撲見るのはほんと楽しい。さらに、将棋ですな、天才14歳中学生、藤井聡太18連勝の内実を探るべく、日夜、このサイトで、さらにここで、彼の棋譜を研究。そして、ここで、自分も新しい戦法を試してみるのだが、ぼろ負け。藤井聡太しかメディアでは流れないが、将棋界では、20日に、現在の名人、佐藤天彦とコンピュータの対戦、叡王戦があった。第1戦は佐藤のぼろ負け。しかし、この日は、一瞬、佐藤名人が優位を築いた。結局は負けてしまったが、コンピュータ相手に、人間では今一番強い油の乗ってる男が、いい勝負をしたことが、将棋コミュニティの皆にとって驚きで、佐藤名人強しを改めて印象付けることになる。そういう状況に、今やきている。佐藤は、コンピュータと練習将棋をして、ほとんど勝てなかったという。若手たちは、コンピュータ相手に毎日研究しているという。藤井もその一人。学校の先生とかが全部AIになる時代が来るのだろうか。ここここで昼焼酎飲んで酔う。
しかし、村田はなんで負けなのよ?



---------
[PR]
# by somuchfor | 2017-05-21 23:25 | Comments(0)
remahasumi
蓮見令麻、って知った。が、まだあんまり聞いてないんでようわからん。つうか彼女の書いたジャズレポートを読んだだけで、本来このねーちゃんは。フリージャズピアニスト。再び、つうかって、ことば、使うが、よく書きよくしゃべるねーちゃん。ピアノは当然のことながら書かないし、しゃべらないんだが。音楽に言葉は不要。つうか、生きることに、生活することに、死ぬことに、さらにさらに、ひととコミュニケーションすることに(ちょっと逆説的だけど)、あなたを愛することに、愛されることに、金儲けることに、ひと殺すことに、テレビに出ることに、テレビ見ることに、スマホ(って本来スマフォだけど)いじる醜い老若男女すべての人たちに、原発反対の人たちに、ヘイトスピーチ叫ぶ人に、おれに、言葉は、要るのか?多分要らない。言葉は、言葉を持たないものたちだけのためにあるのだと思う。このおとはよかった。シカゴアンダーグラウンド、ジェフパーカーのLike-Copingって傑作を思い出した。









-----------------------
[PR]
# by somuchfor | 2017-05-18 00:26 | jazzbluesrockreggae | Comments(0)
金曜の夜
もうの日曜の夜中だが。金曜は、ここで、相も変わらず、自動運転とかなんとか聞いて、すぐに3時にここに行って、情報を法律としてどう考えるかのセミナー。しかしこの先生はもう相当シニアな方だが、よく新しいことにチャレンジして勉強されてるなあ。従来の法は、所有というものをめぐる権利、義務をどう裁くかが基本だが、情報は、コピーできるし、シェアできるし、しかも時と場所によって変化し不確実性があり、所有権という概念になじまないのでは。という結構刺激的な問題提起だった。5時に終わって、ふらふらと学芸大のいつものねえちゃんの店に。この日はこのおっさんがいて、カメラマンの女の子とこの店の取材らしい。さよりの刺身、菜の花とほたるいかをもらう。麦の香り満載の山の守の水割りとポン酒を1杯、雪の茅舎。うまし。かかってた音楽、キャロルキング?って聞いたら、若いジョニミッチェルだった。

b0067590_1323378.jpg

[PR]
# by somuchfor | 2017-05-15 01:21 | Comments(0)
論文
マイナーなんだけど、とある学会の機関誌から論文掲載のお願いが。やっと原稿を書き上げた。欧州、エネルギー、 環境、スマートシティ、ビッグデータ、AI、IOTなどなど。




-------
[PR]
# by somuchfor | 2017-05-11 13:50 | Comments(0)
早渕川沿い
綱島早渕川、4月初め。桃だとおもうけど。
b0067590_10581715.jpg
b0067590_10582928.jpg

[PR]
# by somuchfor | 2017-05-01 10:58 | Comments(0)